ブログ

本の会 vol.1


本の会 vol.1

みなさまこんにちは!佐伯です!
この本の会は新企画(?)です!
発案者はわたくし佐伯なのですが、目的としては、

①メンバー同士、お互いの読書の幅、考え方の幅を広げる。
➁メンバー同士の価値観や考え方を共有する。

の2つです。思い付きでやってみたような状態だったのですが、
他のメンバーがいいねいいね!!と言ってくれたおかげで実現しました!
このような場があって本当にうれしいですね。

さて、本日の「本の会」の内容をちらっとご紹介します。
まずは言い出しっぺの佐伯から。
私が紹介したのは、
マツキタツヤさん原作の『アクタージュ』です。

少年ジャンプで現在連載中の漫画になります。
いきなり漫画!?という感じかもしれませんが、「本の会」は小説・エッセイ・漫画の壁を越えて、本ならなんでも大丈夫!!
というのがひとつポイントなので、これで良いのです。
キャラクターの魅力を中心に紹介させていただきました。

次の紹介者は、あかりーぬでした。

紹介した本は、
時雨沢恵一さん原作の『キノの旅』でした。
分類で言うとライトノベルにあたるそうです。続編がたくさん出ているらしく、
目次やプロローグ、エピローグに隠された仕掛けも紹介してくれ、とっても読みたくなる紹介でした!

最後の紹介者は、ゆうなそんでした。

紹介した本は、
橋本紡さん作、『流れ星が消えないうちに』でした。

ゆうなそんが放送部時代に出会った本だそうです。
言葉選びの美しさを紹介してくれました。

また、おすすめの箇所を朗読してくれたのですが、圧巻で吸い込まれそうなほどでした…!

さてさて、今回のプレゼンターは3人でした。
お互いに自分の好きな本の魅力ポイントをプレゼン出来て、とても有意義な会になったんじゃないかなあと思います。
第2回もできるといいな~!
みなさんも興味があれば読んでみてくださいね!


コメントを残す

*