ブログ

私とワタシのお話。


私とワタシのお話。
豊田 菜々子

みなさん、こんにちは(^_^)
学食のパンナコッタでおなじみ(?)の2代メンバー豊田です。
あのパンナコッタのブログを書いてからいろんな人に

「パンナコッタってどこに置いてる!?」

って聞かれて嬉しい反面、人気者になってしまったパンナコッタに少しだけ妬いちゃってる私です。笑
でも、それだけパンナコッタは美味しいので仕方ないですね。

 

さて、今日の私のブログは「私とワタシ」というタイトルで書いていきたいと思います。
先日、黒岩くんがブログでPerfumeさんの魅力についてブログを書いていました。
( 黒岩くんのブログ:魅力ってなんだろう。
その中に「何度も触れているうちにだんだん好きになる」という表現があり、なるほどなぁ…と思いました。
私も好きなアーティストがいて、その人の曲や考え方に触れていく中でどんどん引き込まれ、
しまいには沼から抜け出せなくなったのですごくよくわかります。
アーティストに限らず、日常生活でもそうなんだと思います。
いろんな人に触れ、関わっていく中で相手のいろんな部分を発見して惹かれていくんだと思います。

 

では、相手ではなく「ワタシ」ならどうでしょうか。

私自身、最近すごく「ワタシ」について考えます。
友達の良いところや悪いところは触れ合っていくうちにわかるのに、
自分の良いところや悪いところは、18年間向き合ってるはずなのに全くわからない。
しかも、考えれば考えるほどグルグルグルグル迷宮入りしちゃいます。

結局は考えてもわからずに、「ワタシ」と「ワタシを見ているワタシ」が分離したような感覚になるんですよね。
まるで自分が2人いるみたい。

この感覚、わかる方いませんか?笑

相手のことは何度も触れ合ってるうちにわかってくるのに、自分のことだけは何年向き合ってもわかりません。
もしかすると、本気で向き合ってこようとしてなかったのかも。

じゃあ、そもそも「自分と向き合う」って何でしょう?
どんな状態になれば「自分と向き合えた」状態なんでしょうか?

自分のことが完璧にわかればいい?
それとも、「他人の説明する自分」と「自分が説明する自分」が一致してればいい?

 

なんだか、どれも違うような気がしてきます。

自分と向き合うってすごく難しいことなんだな、と最近すごく実感します。

「ワタシ」の魅力ってなんだろう?
という疑問から書き出したのに、全く答えが出ていません。

もしかしたら、ブログを書いて文字に起こすことで整理されて答えに近づけるかなと思ったのに書いていてもやっぱりわかりませんでした。笑

このブログを読んでいる皆さんにも意見をお聞きしてみたいので、
もしよければ、このブログにコメントして「どうすれば自分と向き合えるのか」ということについて聞かせてください。

あと、私が一番「ワタシ」を理解するためには何をすればいいのか、も聞いてみたいです。

すごくオープンエンド&まとまりのないブログでごめんなさい。
ぜひ、みなさんの意見を聞かせてください。よろしくお願いします。

 

では、今回の私のブログはここでおしまいです。
だんだん涼しくなっているとはいえ、まだまだ暑い日が続いているので体調など崩さないように気をつけてくださいね!

以上、運転免許を取得するために5ヶ月ぶりに自動車と戦っている豊田でした〜o(^▽^)o

素敵な夏を!


コメントを残す

*