ブログ

旅先でのはなし。


旅先でのはなし。
荒木ゆうか

みなさん、こんにちは!お久しぶりです、荒木です😊

前回の荒木担当ブログの最後に、「また来週〜」と書いた割に、だいぶ日が空いてしまいました…😢

さて、「今週末は…?」でみほちゃんが書いてたように、今週末は、福女の学園祭ですね!

しかし、そんな中私はこんな所にいます。

 

 

そう、広島県!この写真は、昨日訪れた厳島神社です😊 とても立派で、食べ物も美味しくて、美味しくて、美味しくて、素晴らしかったです。また行きたいなぁと思っています。

そして現在は、「尾道」というところまで来ています。そこでふと。
みなさん、小津安二郎監督の「東京物語」という映画をご存じですか?1953年公開のモノクロ映画です。
簡単に言うと、おじいちゃんとおばあちゃんが息子と娘に会いに行った東京での物語(超省略してます)。
そして、その、おじいちゃんとおばあちゃんが、この、尾道出身なのです!!!

ところで、「なんでそんな昔の映画を知ってるの?」と思われた方、多いのではないでしょうか。
実はこの映画、大学の講義の資料として使用されていたのです。その関係で、今年の3月に両親と鑑賞したのですが、深い。人によってすごく感じ方の変わる作品でした。

つまり、何が言いたいかというと、これも「まなび」ではないのか?ということです。(突然)
映画を見て、思いを馳せて、現在との比較をしたり社会の変化を考えたり。少なくとも、高校生の私は、「大学の講義って、すごい!」と感じました。

そんな尾道を、今から散策してきます🙋

帰福は今夜です。
明日はWITH-ÜのMTGだー!!


コメントを残す

*