ブログ

橋本ブログ#2


橋本ブログ#2

橋本実咲

皆さんこんにちは!二代メンバーの橋本です!そうです!文章書くのだいっきらいな橋本です!脱力感半端ないブログを書いた橋本です!さて、とうとう二巡目が回ってきてしまいました、、そんな書くこと無いのに、、、ていうか他のWITH-Üメンバーの方々が各内容が素敵すぎることが私を一番悩ませるのです。なので私は、このブログで「どうでもいいこと」について書くことにします。是非、ちょっとした息抜きにでも見ていただけたら幸いです。そこで今回は、今思いついた「リア充」について書こうと思います。
みなさんはリア充って言葉を聞いてどんな人を想像しますか?多くの人は「恋人がいる人」のことを想像するのではないでしょうか?私自身も、高校時代付き合っている人のことをリア充と呼んでいました。ちなみに、私は高校三年間一度も「リア充」と呼ばれたことはありませんでした。これは盛大にやらかしましたね。部活ばっかりしてて、恋愛を面倒に感じてしまったのかもしれません。まあ私の話はこの辺にしておいて、本題に戻ります。そう。多くの人はリア充とは「恋人がいる人」と考えます。ここで「リア充」の意味について考えてみましょう。リア充とはリアルに充実しているの略称です。つまり、現実生活が充実しているということです。なのになぜ恋人がいることに人々はそんなにも焦点を置くのでしょうか。私はふとした時にこのことについて良く考え込んだものです。そこで私が出した結論は、リア充とは「どれだけその人が魅力的である」かによって決まるのではないかというものです。気がついてみたら、恋人がいる人のことをリア充と呼ぶ人は恋人がいない人ばかり。きっと恋人がいなくて、恋人がほしいと思っている人(わたし)は恋人がいる人のことを「いいな!うらやましいな!魅力的だな!」という感情が湧いてきたために、現実世界が充実してる人として恋人がいる人たちのことをリア充と呼ぶのだと思います。そのため、人によって魅力的に感じることは違うから、リア充にはいろいろな人がいると思います。例えば海外に憧れている人にとって世界一周旅行をしている人はリア充に見えるでしょうし、美味しいものに目がない人は、instagramで素敵な食べ物ばかりを上げる人のことをリア充と感じているかもしれません。さあ、あなたにとってのリア充とはどんな人ですか。きっとそこから自分の「好きなもの・人・こと」を探り出すことができると思います。是非、自分にとってのリア充を考えてみてください。ではいい感じに終われそうなので、今回はこの辺で失礼しようと思います。では、また!

コメントを残す

*