ブログ

「自分らしさ」ってなんだろう


「自分らしさ」ってなんだろう
小園 夢輝

こんにちは、小園です。

テスト期間の真っただ中、テストが厳しいのは僕もみんなと同じなのですが、この期間を乗り切れば約1か月半のなが―い春休み。高校時代は春休みなんて無いに等しかったので、今でも想像できない長さです…(笑)

しかし!長いからと言ってただただのんびりとしていられないのが大学の長期休暇。1年生ではバイトを詰めまくったりいろいろなイベントに参加したり、2年生以降はインターンや就活など、やることも盛りだくさんです。僕もいろいろな活動やイベントに参加させてもらっているわけですが、そこでいつも感じるのが「自分らしさって大事だな」ということです。

僕は「何ができるかわからないけどとりあえずできることは何でもやってみよう!」という気持ちで今年度はいろいろなことに取り組んできました。でも、そこには意欲的な先輩や同級生がたくさんいて、そうした人たちはそれぞれ得意分野や熱心に取り組んでいるものを持っていたので、僕はそのなかで埋もれてしまうことが多かったです。僕は高校まで勉強と部活だけで生きてきた人間だったので、そうした場所をとても新鮮に感じたと同時に、「自分には果たして何ができるのだろう」と考え込んでしまうことが何度もありました。それをきっかけに「今年は自分もなにか他の人に誇れるようなものを見つけよう!」と思い、現在自己分析をしたりいろいろな分野について調べたりなど、絶賛自分探し中です(笑)

そのことに関してなのですが、僕が所属している他の団体のOBで、現在起業されている方のお話を聞く機会がありました。そのなかで「自分にとってのテニスボールをみつけよう」という言葉がとても印象に残っています。「テニスボール」とは飼い主が投げたボールを犬が一心不乱で追いかけるように、自分が夢中で追いかけられるものの例えです。学問にしても趣味にしても、何か一つのことを突き詰めていくとさまざまな分野に繋がっていくはずなので、会ったことのない人たちや知らない世界に触れる機会が何度も出てくると思います。そこで自分の見識を広げることでまた新しい「テニスボール」が見つかるかもしれません。そうしてどんどんやりたいことをアップデートしていくことで、いずれ自分の本当にやりたいことが見つかるのではないでしょうか。

木佐貫君の紹介してくれた小松先生のおっしゃっていた「枠組みを超える」1つのきっかけとして、あえて一つのことをとことん極めてみるのもいいかもしれません。みなさんもぜひ自分にとっての「テニスボール」を探してみてはいかがでしょうか?


コメントを残す

*