ブログ

自分を好きになること


自分を好きになること
佐藤優帆

こんばんは。少し更新が遅くなってしまいました。
本来は内野の番なのですが留学で不在のため、代わって私が書かせていただきます!

今日、期末テストが山場を超えたので、休憩がてら「アドラー心理学で『子どものやる気』を引き出す本ー星一郎」という本を読みました。
自分の子どもを育てるのはきっとまだまだ先ですが…。(笑)

この本では、題名の通り子どもの意欲を掻き立てる子育て術が心理学の側面から
語られているのですが、「何をやるにしても必要な心の条件」とされているものが
今回の記事のタイトル。そう、自分を好きになることです。

親や先生に褒められるために努力するいい子ちゃんではなく、自分の選択に自信を持てる人こそが
人生を肯定的に歩んでいけるのだと書かれていました。

確かに自分を好きでないと、自分を信頼できていないと「自分で考え、決断する」という力が
発揮できませんよね。私が決めたことなんてどうせ上手くいかない…と卑屈になってしまいます。
本書では、小学生くらいの子どもの実体験を例に、セルフエスティームの大切さについて訴えられていましたが、これは彼らのような幼い子どもに限った話ではありません。
むしろ、より多くの選択肢を持っている大人こそ自分を愛し、その決断に前向きに取り組む必要があるのではないかと感じます。

楽しくまなび、朗らかに生きるためには「自尊心」ってとても大切なんですね☺


コメントを残す

*