ブログ

標。


標。
熊野佑紀

こんにちは。熊野です。

今日は熊野がこんな風に生きたいなぁと常々思っていることを書きたいと思います。

いわば、生き方の目標みたいなやつ。そんな大したことじゃないんですけど。「人を多面的に見られるような人間になりたいなぁ」と思うんです。

最近、過剰にけなされたり、過剰に褒められたりすることが多々あって、「お前あれだな、基本的に駄目なやつだな」なんて言われたかと思えば、「熊野ってなんでもできてすごいよねぇ」みたいにべた褒めされてみたり、もうこっちからしたら訳が分かりません。

「俺って何にもできないの?それともなんでもできるの?」

当たり前だけどそれはどっちも間違っていて、みんな出来ることと出来ないことがそれぞれあるんだな、と。

僕の友達がいつか、「自分に出来ることが出来ない人は、自分には出来ない何かができる人だ」みたいなことを言ってて、すごく納得した記憶があります。

思うに、人間ってサイコロみたいなもんで、ある面だけで見たとき、1の目の人は6の目の人に比べて劣っているかもしれないけど、展開してみたら、誰しもその合計点は変わらないのではないでしょうか。

そういう意味で人を多面的に見られる人間になりたいと思っています。

さぁ、こんな感じの話を学校という場に当てはめて、学校での人間関係や生き辛さなどといった問題について、3/18に「かえる会」でプレゼンをしようと思っています。是非足を運んでみてください。

ではまた!


コメントを残す

*