ブログ

話題の超高級制服のはなし。~かえる会にて~


話題の超高級制服のはなし。~かえる会にて~
荒木ゆうか

こんばんは!

中国にいたため、3週間ぶりのかえる会参加となりました、荒木です。
(中国訪問記はこちら→上海編南京編)

もうすぐ3月も終わってしまいます。…ということは!もうすぐ4月!WITH-Ü1周年!!

WITH-Ü1周年記念日は、4月2日です。

とある大学の、入学式に超初期メンバーでお邪魔するかも…?
次回のかえる会は、その前日、4月1日に天神仕事基地で行われるので、ぜひぜひ、祝いに(笑)来てください!
と、いうことで、そろそろ本題に入ります。

今日のかえる会の担当は実穂ちゃん。
プレゼンのテーマは、「購買心理」。
私たちが、物を買いたい!と思う心理を、「ブランド」と「価格」という2点に着目して、プレゼンテーションしてくれました。
図や参考文献を多用して、論理的に組み立てられたプレゼンに、ただただ、納得しっぱなしでした。
いつも自分が自分の意思で購入していたものも、日用品ブランドか高級ブランドかによって、求めている価値が違うということに、気付かされました。
自分の行動のはずなのに、他者から指摘されることで、なるほど、確かに、、、と思えるのって、不思議ですよね。
心理学ならではの感覚です。

さて、ここから、どうディスカッションにするのか…?

今回、プレゼンでは、高級ブランド品を購入する人が求めている最も高次の欲求は、自分が他者からよく見られたい、ということでした。
例えば、ロレックスの時計とか。フェラーリとか。
つけていると、乗っていると、(お金持ちアピールできるし)ふさわしい人間であるという自己肯定感にもつながるのかもしれません。
そこで、実穂ちゃんの口から告げられたお題は、こちら。

「みなさん、銀座の小学校の話、知っていますか?アルマーニの制服の。」

このブログを読んでくださっているかたの多くも、聞き覚えのある話題かもしれません。
あの、超高級な制服の話ですね。
そして、そこの校長先生が言うことには、「銀座らしさ」「学校への愛着」「スクールアイデンティティ」のための、取り組みだそう。

さて、ここで。

「制服等の外見的価値により、子どもたちの学校への愛着、アイデンティティを形成することは、可能なのだろうか?」
おっ、教育っぽい。WITH-Üっぽい。

非常に面白いディスカッションでした。みんな、べらべら喋ってました。
今回のディスカッションで重きを置かれたのは、「制服」と「小学生」ということ。
制服ってなんのためにあるの?ということを、高校などに場面を置き換えて議論してみたり、
小学生の身長の伸びや、遊び、金銭感覚を考えてみたり。
そもそも、自己のアイデンティティすら確立していない、というか思春期にすら到達していない彼らに、何を押し付けようとしているのか?など。
結論から言うと、議題に対する答えは、「不可能」。

しかし、代替案もないまま批判するのは苦しい。
そこで、次なる議題は、

「そもそも、学校に愛着心を持たせることは必要なのか?どうしたら愛着心をアイデンティティを持つことができるのか?」

自分の小学生時代を思い出しながら…
いろいろ出てきました。効果があると思われるもの、ただ強制されていただけで好きにはなれなかったもの…。
制服や校歌、みなさんにとって、どのような存在でしょうか?
メタ認知などの専門用語が時折飛び出てきたり…来年、専門的な学習が始まってからのかえる会がますます楽しみです。

あっ、新1年生も入ってきますね!楽しみ。
そんなこんなで、相変わらず長めのブログになっちゃいました。
でも、もうすこしだけ!あと少しだけ!

次回のかえる会は、4/1(日)18:00-@天神仕事基地です。
そして、そして、その4/1から、なんと、HPがリニューアルします!!
それに伴い、ブログの更新されるページも変更になります。

ブックマークしてくださっている人は、また、お知らせするので、新しいほうもよろしくお願いします。
…っと、オフィシャルで言われていない情報を、勝手に、さらっと言っちゃいました。

今のHPよりも、軽くなるのがポイント!(読み込みが早い…感動…)

お楽しみに!!

それでは、以上、明日も明後日も可愛い小学生たちと戯れる予定があり、わくわくしている荒木でした。
写真は、MTGが終わった後、アイスとお菓子を漁っている代表二人です。仲良し。


コメントを残す

*