ブログ

可愛い子が大好きです!!


可愛い子が大好きです!!
南 明日歌

こんにちは!!

二代メンバーの南明日歌です。
福岡教育大学 教育学部 特別支援教育教員養成課程中等教育部に所属しています。
自己紹介の時はいつも一気に言うのが大変なんです💦

話は変わりますが…
私は、可愛い子が大好きです!!
乃木坂46を推しています!
彼女たちは本当にみんな可愛くて、癒されます♪
しかし、私はふと思ったことがあります。「可愛い」って何?どうして人の顔を見たら可愛いって思うのだろうか…?
もう、可愛いという感情が溢れると、こういう境地まで来るんですね( ´∀` )
ということで!私は調べたことがあります。

*ここからは独自の考えが入っているので、ホンマでっか!?という感覚で読んでいただくとありがたいです(笑)

平安時代に美人と言われていた人って、現代の人たちの感覚とは少し違いますよね。一般的に美人と言われる基準のようなものの変化は、明治の文明開化から始まったと考えています。欧米に憧れていた時期に、人々は服装も洋服を着たり、洋食を食べたり、欧米文化に触れるようになりました。それと同時に外国人のような、くっきり二重で鼻の高い顔に憧れて、そこから美人、そして可愛いと言われる基準が変わったのではないかという結論に至りました!!
つまり、これから先、また美人・可愛いと言われる基準のようなものが、今とは全く異なることもあり得るわけです。なんかこういうこと想像するのって面白いですよね!笑
これらは、高校一年生の時に友達と一緒に調べたものです。

そして、大学一年生になった今!!
この文化の影響の他に、可愛いと感じる根本的な何かはないのか⁉と考えてみました。そして考え出したのが「赤ちゃん」です。どんな子でも赤ちゃんは、見ていると可愛くて、ついつい顔が緩んでしまいますよね。私は、人の顔を見て可愛いと感じることに、赤ちゃんも影響を与えているのではないかと考えています。赤ちゃんは、目が大きくて丸くてふっくらしています。あなたが思う可愛い子を想像してみて下さい。目が大きくて丸くないですか?頬がふっくらとして愛らしくないですか?……しかし、これは一概には言えませんね(^-^;
ただ、赤ちゃんを本能的に可愛いと感じているならば、それに影響を受けて、目が大きくて丸い子が可愛いと感じることがあるのではないか、という結論に至りました!!

何度も言いますが、これは私の見解です。
美人・可愛いと感じるのは人それぞれです。いろいろ考えると、私の結論はすぐに論破されます。(^-^;
けれども、いつか「可愛い」をテーマで本格的に研究をしてみたいなと思います!

このように普段何気ない感情とか習慣とか様々なものを、自分の手で深く掘り下げてみるのって、すごく楽しいなと思いました。大学生になっても、そういうことをしていきたいです。そして、その一つがWITH-Üでの活動です!これから頑張っていきます!
皆さんもぜひ、何気ないことに目を向けて掘り下げてみて下さい!面白いことが分かるかもしれません(^^)

次回のブログでは、今勉強している特別支援教育についてお話できたらなと思いますÜ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
やっと平日が終わった!やっほーい!(^^)!
日曜日の乃木坂46の番組が楽しみだなぁ~


コメントを残す

*