ブログ

「継続は力なり」


「継続は力なり」
村川帆香

こんにちは!村川です。
ブログの順番がもう回ってきたのかとびっくりしています。
もうそんなに日が経ったのか、と……光陰矢の如しですね。
今回は、継続することについて書いていきたいと思います。

【継続は力なり】
最近この言葉を耳にする機会が多いような気がしています。
それは授業中だったり、本の中だったり、友達同士の会話だったり……。

多くの人が昔から言われ続けてきたことだと思います。でも、持久力が圧倒的に不足しがちな私にとっては、ひとつのことをずっと続けることは、とっても難しいことなんですよね~。どうしたら続けられるんでしょうか。

【継続の条件とは?】
私の場合で言えば、「興味があるもの」「好きなもの」「楽しいって思えること」っていう条件が3つ揃って初めて、「続ける」っていう行為のスタート地点に立てます。自分で言うのも何なんですけどね笑

これって裏を返せば、「好きじゃないもの」「興味がないもの」「楽しくないもの」っていうのは、いくら努力して続けようとしても無駄ってことなんだろうなって私は捉えています。

もちろん、大学受験みたいに、自分が行きたい大学に合格するために、好きでもないし興味もないようなことを延々やらなきゃいけない時だってあります。
けど、その好きじゃないものを「メイン」で活動するって、時間の無駄だと私は思います。したくないことに命を削られるっていうのがとても嫌なんですよね。

【今、私が「継続」していること】
私は大学から、弓道を始めました。日々練習に励んでいます。
弓道って、漫画やアニメだと一見簡単そうに見えると思うんですけど、そんなことは全然ないです……orz
全然的に中らないし、何より射型(フォーム的なもの)を整えるだけで精いっぱいです。

でも、持久力に乏しい私にしてみれば、不思議なくらい「まだまだやってやる!」って思えてるんですよね。自分でもなんでだろうって思って、その理由を考えてみました。

【私が弓道を続けられている理由】
①練習して上達するというのを体で感じられる。
②高校時代の先輩に憧れ、追いつきたいと思っている。

そもそも、何故弓道を始めようかと思ったのかというと、高校時代の先輩も大学で弓道を始められたんですが、それをこの間の春休みに見せていただいて、憧れを抱いたからでした。的を射る姿がとてもかっこよくて、自分もああいう風に打てるようになりたいと思いました。

また、弓道はスポーツの一種ですから、日々の練習が結果に直結してきます。大学の先輩方のように、あるいは同級生に負けないように、そして早く的に中るようになるために、日々の練習を頑張って続けたいと思います。

【まとめ】
色々語ってしまいましたが、今回のブログで私が言いたかったことは、
・継続したいと思えるための条件(=トリガー)
・それを続けようと思う理由(=燃料)
この二つは人によって様々であり、この二つを自覚、つまり自分自身で認識することが、継続するためには大切なことなんじゃないかということです。

将来の夢が決まっていない、何をしたいのか自分でもよくわかっていない人も多いと思います。ですが、何も好きなことを無理に見つけなくてもいいと思います。
逆に嫌いなもの、したくないもの、興味がないものを、職業の選択肢から外していくことから始めてもいいんじゃないでしょうか。

ひとまず、それらを自分で判断するためには、まずは色々なことを経験してみることが大切だと思います。
現に私自身、高校3年間はずっと、経済学部を第一志望としていました。しかし、今大学に入って経済学の授業をとってみた感想は、「死ぬほど興味ない、つまらない」でした。あの時、経済学部に合格しなくてよかったかも?、と正直思ってたり……
色々な活動に参加して、自分についての理解を深めていければと思います。

以上、「継続すること」についての、村川のブログでした。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!


コメントを残す

*