ブログ

才。


才。
熊野佑紀

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
一回パスしたので約40日ぶりですかね。
お久しぶりです。熊野でございます。

40日間溜めに溜めたんだから、さぞいい文章だろう。

そうな風に思わないでくださいね。

今日もあったかい目でお願いしますぜ。

本日のタイトルは「才。」
(このタイトルの付け方最初かっこいいと思ったけどダサくね?やっぱ変えようかな)

才能についてのお話をします。

皆さんは自分にどんな才能があると思いますか?

この才能というものには、今まで生きてきた19年間色々と悩まされてきました。

僕はいわゆる凡人です。
この先もたぶん。

得意なことを見つけてはもっと得意な人が抜き去っていく。

何にもできないわけじゃない。
でも何にも秀でてない。

そんな風に人を羨み、
自分を卑下して過ごしてきました。

そもそも才能なんていうものが存在するのか。賛否あると思います。
スタートラインは一緒でそこからの環境と努力次第だっていう白紙説的なものを唱える人もいるでしょう。

僕は才能というものの存在を肯定します。
何かできないことがあったとき、
頑張っても頑張っても追いつけない人がいるとき、
それを自分の努力が足りないせいにしたくない。

自分の努力は最低限認めてあげたい。

頑張って頑張ってできなかったとき
お前の努力が足りないせいだ!
なんてあんまりじゃないですか。

もちろん全て才能で片付けたり、
ましてや凡人が天才に勝てないなんて風には思いませんが。

ある程度、才能の二文字で割り切れたら気持ち楽じゃないですか?

ぼくの一番好きなアーティストのBUMP OF CHICKENさんの曲に
「才悩人応援歌」という曲があります。

この曲すごく好きなので少し紹介させてください。

聞いてみたら分かるんですけど、上に書いてあることのところどころ、この曲を文章にしたものなんですよね。

“得意なことがあったこと
今じゃもう忘れてるのは
それを自分より得意な誰かがいたから”

“隣人は立派将来有望才能人
そんな奴がさ
頑張れってさ
怠けて見えたかい
そう聞いたら頷くかい
死にたくなるよ
生きていたいよ”

この曲に直接励ますような歌詞は一切ありませんが、聞くと自分で自分を肯定して、
このままでいいや、このまま生きて行こっていう気持ちになります。

やっぱいるんですよ、すげえやつは。
でもだからってそれで自分がダメなんて思いたくないじゃないですか。

才能なんてあってもなくてもいいじゃん。
楽しく前向いて、自分を認めて
たまにへこんで、また立ち直って生きていきましょう!

ちょっと尻切れトンボな感じもしますが今日はこの辺で。

以上、ブログに見せかけた巧妙なステマでした〜。
BUMP聞いてみてね〜♪


コメントを残す

*