ブログ

男女の友情は成立するのか?


男女の友情は成立するのか?
叶 彩花

こんにちは!夏!ですね!
・・・はい。叶はここ何日かの暑さで少し夏バテ気味であります。

さて、何と言いますか。夏と言えば夏祭りや海水浴、肝試しなどなど青春におけるビックイベントが詰まった時期ですよね。皆さんにもこの季節になると思い出す、甘酸っぱい思い出があったりしませんか?もしかすると、今年の夏にそんな体験をする方もいるのかもしれませんね。

こんな恋愛のチャンスがたくさんある時期に、というよりむしろ、恋愛イベントに発展しやすそうなこの時期だからこそ、でしょうか。今回のテーマは「男女の友情は成立するのか?」です。

皆さんは男女の友情は成立すると思いますか?
「そんなの成立するに決まってるでしょ!現に成立してるよ!」と思った方もいるんじゃないでしょうか。
確かに私も、男女の友情は成立すると思います。ですが、よく考えてみてください。同性間の友情と、異性間の友情って少し違いがありませんか?例えば同性だと二人きりでも気にしないのに、異性だと二人きりを避けたり人目を気にしたり。
女性が持っている荷物を手の空いた男性が持ってあげる、などは同性同士でもありますし体格の違いを配慮しての行動であれば納得できます。ですが、異性同士で二人きりを気にするというのは、その時点で相手を恋愛対象として意識してませんか?と思うのです。確かに、周りから付き合っていると思われることを気にして、というのはあると思いますが、本当にそれが友情であるのならばむしろ堂々としてればいいのに…って思うんですよね。あくまでも私個人の意見なのですが。
そもそも、男女の友情を考える上で「二人で遊びに行くほど異性間で仲良くなることが少ない」とか「友情から恋愛感情に変わることがある」とか「友人と恋人で付き合い方の境目が人によって異なる」などを考慮する必要もあったりするのかもしれません。

なにゆえこんな男女の友情にこだわるのかといいますと、誠に自分勝手なのですが、生活しにくいのです。私が。私はあまり男女どちらであろうと気にしない性格ですので、たまーに周りの人から勘違いされるともう面倒臭いの極みなのです。そんな時に、同性同士ってずるいよなぁと思ってしまうわけなのです。
このご時勢、恋愛感情は異性に対してもつもの、というわけでは無くなってきています。同性に対しても恋愛感情を抱くことがありうる時代、というよりも恋愛感情を抱くことに対してそれが受け入れられていく時代です。そんな中、異性だけを意識するのはフェアじゃないのではと思うのです。異性でも同性でも二人きりを意識するようになるのか、それともどちらであっても全く気にせず友情として付き合っていくのか、せめてどちらかになってほしいと切実にそう思います。

つまり、結論を言いますと「男女の友情は成立するのか?」
成立させるのです!!!

…ハイ。そういうわけで結局は皆意識して(意識しないで?)友情を成立させていきましょうということです。

今回珍しく(?)感情論といいますか、無茶苦茶言っているといいますか、ハチャメチャ論を長々と語ってしまいましたが、皆さんは如何だったでしょうか。「男女の友情は成立するか?」についてどう思いました?
これまでまともを装ってブログを書いてきた叶ですが、そろそろボロが出始めてきましたので、こういった「何かすごくどうでもいいことに対して全然論理立ってないけど長々と語る」みたいなものが増えていくんじゃないかなと思います。
まあ、愉快になって来たな―くらいで今後もお付き合い頂けるととても嬉しいです。
コメントも遠慮せず、バンバンしちゃってくださいね。

以上、「男女の友情は成立するか?」でした!

次回、「答えのない問い」は一旦お休みします。
おそらく、次回のブログ更新がお盆に近いであろうということで、「お盆」について話そうかなと考えております。
今回若干ギャグ路線?だったので温度差で風邪を引いてしまいそうですが、「お盆」を次回のテーマにした理由は、たまにはゆっくりと落ち着いてセンチメンタルな感じでブログを書いてみるのも良いかもしれない、という思いつきからです。
次回もぜひ、見てくださいね。

閲覧ありがとうございました!


コメントを残す

*