ブログ

お盆の話。


お盆の話。
叶 彩花

こんにちは。8月も終盤に差し掛かり、夏もそろそろ終わりですね。ダブル台風は大丈夫でしょうか。叶は台風と鬼ごっこをしながら、実家から帰ります。

皆さん、お盆休みはどうやって過ごしましたか?実家に帰ってのんびりしたり、親戚が集まってドタバタしたりする人もいれば、バイトなどで実家に帰らなかった人もいると思います。
叶は実家に帰ってゴロゴロしつつ、お墓参りにも行ってきました。

叶家のお盆は家族全員で、一日かけて色んな場所を巡りお参りを済ませます。それぞれの場所が離れた所にあるので、朝からハードスケジュールです。
それで、お盆の墓参りと同じく、毎年恒例になるのが兄と母のお盆に対する意見の対立です。まあ、対立といっても喧嘩したりだとかいう訳ではないんですけど、毎回毎回似たようなやり取りを繰り返してるんですよね。
母は、先祖供養をきちんとするために毎年お寺に行ってお墓参りもちゃんとしないといけないし、そのためにお金がかかっても供養はするべきだ、という考え方をしています。
兄は、先祖供養のためにわざわざお寺に行ったりお墓に行ったりして毎年お金をかけるよりも、別のことにお金を有効活用するべきだ、墓参りも大変なんだからしたい奴だけがすればいい、という考え方です。
二人の意見を聞くと、兄の方が少し過激というか、言いすぎじゃない?とも思う方もいるかもしれません。私も先祖供養はするべき派なので、兄に対して色々と思うこともあるっちゃあるんですが、まあ考えを押し付けてどうこうなるようなものでもないですし、何も言ったりはしないです。
一方で負担を考えると、確かに兄の言う事もわかるんですよね。遺骨をお寺に預けて毎年お金を払ったり、わざわざお墓を作って墓参りに行ったりするよりも、いっそ遺骨とか自分の家で管理したり習わし的な事を全部我流でやって、先祖供養すればいいんじゃないかとかも思わんでもないです。

宗教ってそれぞれ考え方も違いますし、信じる人の信仰度によっても先祖供養の仕方って色々変わってきますよね。今は母が家族全員でお墓参りに行くようにしたり、お寺で塔婆供養頼んだりとかしてくれていますが、後々は自分でどうするかを決めて動かないといけないんだなと考えると、先祖供養を今まで通りにするのか、それとも…、と悩みます。
結局は私が何を信じるのかだとは思うんですが。一番楽なのは何も考えずに今まで通りする事ですよね。それはそれで、毎年の行事が作業になっちゃいそうというか、本当に先祖供養も何も考えなくなっちゃいそうというか、そんな感じで嫌だなぁとか思ったり。

冒頭でも聞きましたが、皆さんのお盆休みはどうでしたか?お墓参りに行きましたか?その時何を考えていましたか?
オチも何もないんですが、お盆の時ぐらいしかこんなこと考えたりする機会もなかなかないんじゃないかな、と思って今回話してみました。皆さんの宗教観とか、先祖供養に対しての考えとか、色々聞いてみたいなとは思うんですが、なかなかデリケートな話題なので…。頭の片隅くらいには置いてもらえたらなと思います。

次回は何を話しましょうか…。全然思いつかないので、また担当日になったときに考えようと思います。

今回も閲覧ありがとうございました!


コメントを残す

*