ブログ

あっという間に夏が終わりそう。


あっという間に夏が終わりそう。
黒岩竜大

何度目なのか分からなくなるくらい、WITH-Üに入ってからブログを今まで書いてきて思ったこと。
大学生活って時間が過ぎるのが早いってこと。

8月は大学のテストとかが終わったら完全に自由な時間がたくさんあって、自分のしたいことを存分にすることが出来る、人生の夏休みといっても過言でないものですが、その分時間が過ぎるのも恐ろしく早いことを実感しまくっています。

自由な時間がたくさんあるといいましたが、現実は車校とバイトに通い詰める単調な日々を過ごした8月でした、、、
そんな僕ですが、少しは楽しいこともしました!

お盆の一日を利用して、玄界灘に浮かぶ小さなハート形の島、相島に行ってまいりました。
この島は何と言っても、世界の6大猫スポットの一つなのです!
船を降りるとすぐにかわいい猫ちゃんがたくさん出迎えてくれて幸せでした。
いやまあ、僕自身は猫アレルギーなので全く猫を触ることが出来ないのですが、、、

そんな相島ですが、猫がたくさんいることに加えて、自分にとっては他の点でも、行って良かったなーと思うことがありました。
それは、海に囲まれた小さな島での生活を経験してみたいと感じたことです。

その理由は自分の中で明確に固まっていない上に、うまく言語化することが出来そうにないので、僕が感じたことを伝えられないことが悔しいですが、辻村深月さんの『島はぼくらと』という小説を読めばわかってもらえるはずです。

今紹介をさせてもらった小説家の辻村深月さんについてですが、僕はこの方の小説に最近どっぷり浸っています。
『島はぼくらと』以外にも数多くの小説を書かれていて、どの話も丁寧に心情や風景が表現されていて、読者にとってたくさんの気づきを与えてくれるので、読み終わるたびに、この小説を読むことが出来る自分って幸せだなーって思います。

読んだことがない方は是非、辻村さんの小説を手に取ってみてください。
それまで読まなかったことを後悔するかもしれません(笑)。

8月も終わりが近づき、平成最後の夏が終わってしまうと考えると寂しくならなくもないですが、それよりも、自分がこれからどんなことを知り、成長をすることが出来るのかを想像すると、もっと色んなことを頑張っていこうって思うことができます。

偉そうなことを言ってしまいましたが、8月に自分が客観的にみて達成したことは、仮免許を取得したことぐらいです、、

8月27日から31日は、大学の講義で宮崎にある森林の中にこもって勉強をしてきます。
そこでも新たな発見をすることが出来ると嬉しいと思っています。

今回のブログは経過報告なのか宣伝なのか何なのかよく分からない内容になってしまいましたが、とりあえずこのブログを読んで辻村さんの小説を読んで感動をする方が増えれば嬉しいです。


コメントを残す

*