ブログ

なんでいきてるの???


なんでいきてるの???
田中茜里

 

なんかむかつくタイトルですね。
あ、あんまりタイトルと合っていないような画像の意味は、
このブログの最後を読んでくださったらわかると思います。

 

さて、夏休みもぼちぼち半分に差し掛かっています。
あっという間に夏が終わりそう。(by黒岩竜大)』を読んで、
はちゃめちゃにわかる…と思ってしまった田中です。

もう車校とバイトと自宅をウロウロウロウロしてるだけ。
やりたいことをやってるのか、
なんかやらなきゃいけない気がするからやっているのか、
よくわかんない。
勉強もしてないし。学生なのに。

 

なんかこう…単調な日々を過ごしているとさ、
何で生きてんだろって気分になってくるんですよね。

あーいや、ネガティブな感じじゃなくて、純粋な疑問。
こんな日々に意味はあるのだろうか??
意味のある日々って何??
てかそもそも意味のある日々を過ごさなきゃいけないの??
…田中はすぐ大きな話に持っていきたがります。

でもこの「自分が生きる意味」っていうのは、誰しも考えるよね。

 

生きる意味について、考え始めたきっかけをなんとなく覚えています。
いつ頃だったかは全然覚えていないけど。

テレビで、洞窟の中で青色に光る虫の紹介をしていました。
ちょちょいと調べたら、ツチボタルというそうですね。
洞窟の天井で星空みたいに輝いているのです。
なんかねえ…確か光る粘液を垂らしてそれで餌をおびき寄せるんですよね。

で、その生態について紹介されていたのですが、
もう本当に子孫を残すため、種として残るため…って感じだったんですよ。
ただ餌をおびき寄せて食って成虫になって卵産んで…の繰り返し。
そんで寿命も短かった確か。
ちゃんと知りたい方は、「ツチボタル」って検索したらたくさん出てくるよ。
引用がめんど…ごにょごにょ。

もうね、もんのすごい衝撃を受けました。
そそそそれで生きているの!?!?!?それだけ!?!?!?
なっ………えっ?なんっ……なんで生きてるの?????

母に、子孫を残すためだけに生きてるの?どゆこと?と聞いたら、
「生物として種が繁栄するならそれでいいらしいよ」みたいなこと言われました確か。

いやもうわっかんねーーーーーー。
全然理解できなかったですね。
えっ…だって種を残すだけなら…生きてなくても同じじゃないの??という感じで。
(セミも同じような感じな気もするけど、
セミは寿命が長い方に気を取られて生き方とかまで思い至らないよね)

 

ツチボタルの生き方って、
何を考えようが成し遂げようが
どうせおまいら死ぬんだぜって現実をびっしぃと突きつけられている感じがします。
恐ろしい…。

 

とにかくこっからわかるのは、
私は少なくともツチボタル的な生き方はごめんだね!
ということですね。
こんだけ理解できないんだもの。
いや別に、ツチボタルの生き方を否定しているわけではありません。
いいと思うよツチボタル!!!(謎の擁護)

 

………なんかおこがましいですね。
なんとなく生きている人間が、
ほかの生物の生きる意味に言及するなぞ。
でも考えちゃうよね~。

自分の生き方について考えようが考えまいが、
意味を見つけられようが見つけられまいが、
それらに納得できようができまいが、
そのまま時間は進んでいくし、
そのまま生きてるだけだし、
そのまま終わりを迎えるんだし。

惰性で生きてんのかなってキヴンにもなってくる。

 

難しいよ~~~。
なんで夏休みにこんなこと考えてんのプール行きたい川行きたい浴衣美女とお祭りに行きたい思わず口にしてしまった好きという言葉を花火の音でかき消してほしい。

ごめんなさいね、ようわからん感じになっちった。
皆さんの生きる意味についての考えを知りたいな、とか
ちょっと言っといて今回は終わります~。
それでは、また次回。


コメントを残す

*