ブログ

「言葉」のかたち


「言葉」のかたち
佐伯未羽

お久しぶりです!佐伯です(。☌ᴗ☌。)
夏も終わりに近づき、涼しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

・・・終わりに近づき、でいいですよね?!
私夏らしいこと全然やってない・・・
良いんです、大学生の夏はまだまだ終わりません!!(強気)

そんな話はさておき、本題に入りたいと思います。笑
私、結構ブログの文章が固くなってしまって、どうしたものかと思っていたのですが、今回は我ながらなかなか素敵なテーマを見つけたのでお話ししたいと思います。

・・・ハードルが上がってますよね多分。一旦下げて下さいね。

先日、知り合いの結婚式に出席してきました。
結婚式って新郎新婦さんのお祝いが言えるのももちろん楽しいのですが、催しが色々とあってそれも楽しいですよね!

ケーキ入刀とか余興とか、ご友人のスピーチとか。
その中でもブーケトスは出席者も参加できて盛り上がりますよね~!
最近はブーケトスをしない場合もあるそうですが、なぜか私は結婚式のイメージはブーケトスが結構強いです。笑

新婦さんと少しお話をしたときに、ブーケに使われていた花について教えてもらいました。そのブーケは新婦さんのご友人が作ったものだそうで、ピンクのカーネーションが使われていました。

カーネーションは母の日のイメージが強いですが、元々の花言葉は「無垢で深い愛」「あらゆる試練に耐えた誠実」なんだそうです。
花を贈るときには花言葉に気を付ける、とは聞いたことがありますが、そうやってなにか意味や思いを込めて贈ることができるってとってもロマンチックで素敵だな、と思いました。

花言葉だけでなく、宝石や色にも意味が込められているものがあるそうです。
宝石で言うと、ダイヤモンドは「永遠の絆」「純潔」。ルビーは「威厳」「優雅」。サファイアは「高潔」「崇高」。

花よりは贈る機会が少ないと思いますが、同じように意味が込められているんですね・・・!

色で言えば、白は「善」「真理」「純潔」「純粋」、赤は「愛」「情熱」「勇気」、オレンジは「陽気」「幸福」「誇り」「忍耐」

これら以外にもたくさんあると思いますし、諸説存在するものもあるため、興味のある方は是非調べてみてください。

文字にしていないのに、言葉を伝えることが出来るって考えてみるとなんだか不思議な感じもしますよね。
携帯やインターネットが普及して、言葉を伝えやすくなり、形にも残しやすくなりました。それ自体は便利でとても良いことですが、昔の時代を生きた方々は、直接伝えられない気持ちを伝えたり、形に残したりするためにものに言葉を閉じ込めたのかな、と思ったりもします。

「言葉」って色々な形で存在して、受け継がれていくんだな、と思いをはせた夏でした。
次回のブログでは、残りの夏をいかにエンジョイしたか報告する予定!!です!!笑

ではではまた次回のブログでお会いしましょう!


コメント

  1. 阿部まりな より:

    みうたん!

    みうの知らない一面を知れたようで、私はそうとう感銘を受けております。(*≧∀≦*)
    文章も読んでる人に語りかけてるみたいですごく読む気にさせてくれる文だなって思った!✨

    花言葉とか宝石とか色に込められた言葉とかたくさん調べたりしたんだね😂✨ほんとにすごい一面を知れて嬉しいです😆😊

    1. with-u より:

      コメントありがとうございます✨
      (コメントまでくれると思ってなくてびっくり😳笑)
      ブログ中々難しいですがこれからも精進します😅

      ひとつのことをきっかけに色々なことに興味を持てたら楽しいな、と思います!!
      また更新したらよろしくお願いします☺️

コメントを残す

*