ブログ

かえる会の振り返りを、


かえる会の振り返りを、
伊集院拓也

 

こんにちは! 伊集院です。

この前のかえる会でプレゼンテーターをさせていただきました。

本当はこのブログ更新までに動画をYoutubeに上げるつもりだったのですが間に合いませんでした!
ごめんなさい!!

テーマは「数学ができない」でした。
ただ、時間が押してちょっとバタバタしてしまったので、
一応文章で同じ事を。

 

まずはこのテーマにしたきっかけの話です。

ある日のこと。
ひさしぶりに会った友達と話をしていました。
「なんでそこに入学したの?」
と訊くと、
「数学ができないから」
と言われました。
そのあとの話をまとめると、
もともとの夢を実現するには数学が欠かせないけど、中学生の頃からできなくて、高校で数学も夢も切り捨てた、だそうです。

この時から、
数学が選択肢を減らしまくっているのでは?
と思うようになりました。
でもこれって、とってももったいないことだと思いませんか?

WITH-Üには活動理念を表した言葉があります。

「まなぶを学ぶ-子どもたちに多彩な選択肢を-」

この「多彩な選択肢」なんですけど、
ネガティブな理由で減らして欲しくないんですよ。
数学から離れること自体は全然悪いことじゃないし、別に構わないんです。
それが自分のやりたいことを実現させるための選択なら、むしろプラスでしょう。

そして、ここからはかえる会で言ったことなんですが、
「できない」と認識すると、
それに縛られてしまうと思っています。
ある種の自己暗示かなと思います。
実際、かえる会で「できない」と答えてくれた人の中には、
伊集院よりもテストの点数が高かった人もいました。

そして、この「できない」は数学だけの話ではありません。
ほかの教科・科目全般に言えることだと思います。
もしかしたら、学校の勉強から飛び出て、日常にも当てはまるかもしれません。

逆に「できる」と思い込んでみると、何かを「かえる」可能性もありそうですよね。

けろけろ。

 

さてさて、ここまで読んでくださりありがとうございます。
ではでは、今日も何か良いことがありますように!


コメントを残す

*