ブログ

イベントの宣伝のようなブログ


イベントの宣伝のようなブログ
叶 彩花

 

こんにちは、叶です。
先週の22日、ついに共創学部2期生が爆誕しましたね。
合格者の中にバイト先の塾生がいまして、共創学部1期生としても、塾のアルバイトとしても、後輩が出来て嬉しい限りです。

はい。今回は「イベントの宣伝のようなブログ」ということで、まあ、はい。三四郎の学校っていうワークショップについて宣伝っぽいお話をしようかなと。ぶっちゃけ宣伝ですね。(ボソッ
もちろん12月16日にある、「ぷれぜんと」も宣伝しますよ!よ!

 

今度12/9(日)に第22回三四郎の学校があります。テーマは「学習する部活動」。ゲストとして広島県立安芸南高校サッカー部の元キャプテン、宇野広大さんが来てくれます。ちなみに私と学年が同じです。
安芸南高校サッカー部は、自立した個を育成し、チームの底上げを図るボトムアップ理論で有名です。
LINEニュースでも取り上げられていたので、リンクを貼っときますね。他にも詳しく知りたい方は調べてみてください!

以前、意味の学校という別のワークショップで宇野さんのお話を聞いたことがあるんですが、部活動の中でどれだけ生徒が主体的に動いているか、どういった仕組みで生徒が部活動をまわしているのか、等々とても面白いお話を聞くことができました。
宇野さん自身もこの部活動だけではなく、色々な興味深い経験をされていて、(三四郎の学校でお話されるかは分からないんですが)もし聞けたらとても面白いと思います。

三四郎の学校(や意味の学校)も色んな年代、色んな職業、色んな背景を持った人と、立場関係なく同じ目線で話をすることが出来ます。また、学校や普通の日常生活では、「何でそんな難しいことを考えるの?」なんて言われて話せないことも、「それはおかしい」といって頭ごなしに否定されることもありません。自由に話すことができるし、それを真剣に聞いてもらえます。
なんだか普段人と話が合わないなぁ、なんて思ってる人がいたら、ぜひ参加してほしいですね。
ただ、これに参加することでこれを学ぶんだ、という目的意識を持って参加すると、答えが出ないのでモヤモヤするのかもしれません。何かここらへんは上手く私の中で言語化出来ないんですが、何となく、目的をもって参加するより気軽に深い話が出来る場として来てほしいなーって思ってます。対話で得られるものって、すぐに何かに使える!とかいうものじゃなくて、積み重なっていくものなのかなと思います。その時はモヤモヤして言語化できなくても、ある日頭の中で他のものを結びついて、考えが深まったり、新しいことに気付けたりして、“いつか”得られる。なので、あまり深く考えずに参加してもらえたらなぁと中学から参加している叶は思うわけです。

 

さてさて、三四郎の学校の宣伝になっちゃってますが、一番はWITH-Üが行う「ぷれぜんと」に参加してくださいね!
叶もアイスブレイク担当で、皆さんの緊張がほぐれてメインの話に楽しく参加できるよう頑張りますので!
受験と聞いて、諸々考えることがあると思います。どこの大学に受験しようかなーとか、勉強して成績上げなきゃなーとか。疑問も不安もあると思います。参加してもらえたら、それも解消出来るんじゃないかな。
やっぱ情報集めてると、いろいろ対策がとれるので、お時間空いてる方はぜひ参加ください~~~。

以上、宣伝ばっかりでしたが閲覧ありがとうございました!


コメントを残す

*