ブログ

冬の楽しみ


冬の楽しみ
筒井優菜

こんばんは。
寒いですね。
暑い夏より、寒い冬のほうが好きな筒井はとても喜んでいます。
だって寒いと、食べ物おいしいじゃないですか!!
お鍋とか、おでんとか、お雑煮とか・・・
雪だるまも作れるし、星空がきれいな季節なので冬はとっても好きです。

日本に生まれてよかったなあと思うのは四季があること。
本当にこれはいいなあと思います。
季節の変化を感じるたびに、ちょっと立ち止まって今を見つめなおす、そんな瞬間が好きです。

花びらが落ち、若葉が芽生え始めたとき。
大きな雷と共に梅雨が明けるとき。
生ぬるい風が頬をなでたとき。
落ち葉の上をカサカサっと音を立てて歩いたとき。
星空が一段と澄み渡っているとき。

そんな瞬間、今目の前の世界とお別れして、いろんなことを考えます。
宇宙の始まりの話とか、目の前に転がっている石はいったいいつからここにいるのだろうとか、人間の細胞って生まれ変わるらしいけど、心の細胞も入れ替わるのかなあとか・・・
とってもどうでもいい話をぼーっと考える時間が好きです。
いや、生産性がないことはわかってるんですよ。
でもどうでもいいけど気になるような話を考えるのが好きなんです。

この習慣、気付けば小学生の時から続いているものです。
特に、小学校時代は校庭や通学路の植物の移り変わりを見て、四季を楽しんでいました。

そしてもう一つ、嗅覚を使って季節を感じるのが好きです。

ついに福岡でも見つけました冬のにおい!
共感していただけるかわからないんですけど、それぞれの季節ににおいがあるんです・・・
冬は、ピンと張りつめていて、朝を感じられるような真っ白な匂いがします。
ちょうどうっすら雪が積もった日のようなにおいです。
これをかぐと、冬や~!とテンションが上がってしまいます。

でも、大学生になり、ふと立ち止まる瞬間が少なくなってしまったなあと感じています。
目の前のことだけに支配されていて、QOLが駄々下がりしている状態です(笑)
そのせいか、先日は下りる予定のバス停を通過するという失態をしでかしました。

もうちょっと、ほっと息つく時間を作ろうと思います。
今月は、師走ということでバタバタしている人も多いと思いますが、気休めにちょっと立ち止まって季節を感じてみてください。穏やかな気持ちになれるかもです。

ここまで読んでくださってありがとうございました!


コメントを残す

*