ブログ

ふたご座流星群を、


ふたご座流星群を、
伊集院拓也

 

こんにちは!

今日は12月14日ですね!
今日の夜、ふたご座流星群が極大を迎えるとされています。
これは見なければ!!

ふたご座流星群とは、その名の通り、
ふたご座のある方角から降ってくる流星群のことで、
毎年12月の中旬にやってきます。
条件が良ければ、1時間に40個以上の流れ星を見ることができます。
めちゃめちゃ多いです。
ほかにも、8月のペルセウス座流星群、1月の四分儀座流星群もたくさんの流れ星が降ってきます。
それで、この3つの流星群は三大流星群と呼ばれています。
3に喜ぶ伊集院

流れ星といえば、お願いごとをするイメージ。
流れ星が見えてから消えるまでの間に、
願いごとを3回口にすることができれば、
その願いは叶うとか。

でも、これ、やってみるとすごく難しいんです!
流れ星がすぐ消えちゃうんです!!
絶対1秒もないでしょあれ!!(笑)

というわけで、実際は、
「あっ!」とか「おー!」くらいしか言えません。(笑)
(慣れてくると、「金!金!金!」やら「単位!単位!単位!」やら「彼氏!彼氏!彼氏!」などと叫べるようにはなりますが…)

流星群を逃さずに捉えるコツは、
1か所に目を向けずに空全体をぼーっと見ることかなと思います。
寝転がると楽です。
でも寝ます。
睡魔に打ち勝とう、という強い気持ちを持ちましょう。
あと、冬場の夜なので、当然寒いです。
防寒対策をしっかりして臨みましょう。
おすすめは毛布を持って行くことです。
心地よく眠りにつくことができます。

ところで、
明日、「宇宙の学校®」のスクーリングのお手伝いをしてきます!
宇宙の学校は、小学生対象のイベントで、
家庭学習と、年に数回行われるスクーリングを通して
色々な実験、工作、観察をするというものです。

宇宙の学校は宇宙開発や宇宙そのものについてだけではなく、
一見宇宙とは関係なさそうなこともします。
でも、実は意外なところで関わってるんですよね。
そこがまた面白いんですよ~!

まあ何が言いたいかというと、宇宙づくしで幸せです!

そして、明後日は
いよいよぷれぜんとです!
でもこれについては誰かが書いてくれると思うので、
書かないことにします。(笑)
ふふふ。たのしみ。

さてさて、最後まで読んでくださりありがとうございます。
それでは、今日も何か良いことがありますように!


コメントを残す

*