ブログ

たまにはゲームも悪くない。


たまにはゲームも悪くない。
叶 彩花

こんにちは、叶です。
最近、冬の冷たい空気と独特の澄んだ匂いのおかげで、ちょっと学校に行くまでの間が楽しくなりました。
先週の土日はめっちゃ寒かったみたいですね。叶は三四郎の学校のために実家に帰っていたのですが、北九州でも雪がちょっと降っていました。正直家にこもってゲームしてたいです。

この間、ようやく小学生の頃からやっていたゲームを最後までクリアしました。何か途中までやって期間が空き、もう一回ストーリーを最初から見るために消して初めては途中でまた期間が空き、という感じでなかなか全クリ出来なかったんですが、WiiUでもできるようになったので、ガガーっとクリアしちゃいました。ゲームボーイアドバンスのマジカルバケーションっていうゲーム何ですが、多分私と同世代で知っている人は中々いないかもですね。発売年2001年ですし。当時1歳ですよ私。
7,8離れている兄のおさがりでやり始めたゲームなんですが、ホントこれ凝っててめちゃめちゃオススメです。
物語的にはこんな感じです。

臨海学校で突如闇のいきもの「エニグマ」に攫われ、ばらばらになってしまった魔法学校の生徒たち16人を探しだし、全員で元の世界に帰ることを目指す。 火、風、毒、美、刃、音、石、虫、木、獣、水、雷、古、闇、光、愛の16種類の属性魔法を駆使する15人のクラスメイトと6人でパーティを組む。(光属性は該当者なし) それぞれの属性には精霊が存在しており、精霊達を仲間にすることでより強力な魔法を使えるようになる。 主人公が最初に選択できる魔法は光、闇、愛を除く13種類のうち一つだけだが、『れっつアミーゴ』という通信でアミーゴを増やすことで異なる魔法を習得することができる。 ―ピクシブ百科事典より

全クリした後も隠しダンジョンに行けたり、隠しキャラを仲間に出来たりして、めちゃめちゃ時間泥棒なんですが、ぜひ皆さんにやってほしいです。というのも、ストーリーがめちゃめちゃ良い。楽しいだけじゃないんです。
物語の中盤では、とある病気に対する間違った認識でキャラクターが差別されるシーンがあったり、クラスメイトの思った以上に重い過去が明らかになったり。主人公とそのクラスメイトは10~16歳くらいの設定なんですが、それぞれが衝突するシーンや交わされる言葉は、その年齢だからこそ感じられることだったり、大人になると見過ごしてしまうことを訴えかけてくるようなものだったり、色々考えさせられるゲームです。

もう少しでお正月ですし、WiiUさえ持っていればダウンロードするソフトは安いですし、ぜひやってみてはいかがでしょうか。
まあでも、しすぎも良くないんですけどね!ドはまり注意です!
私もそろそろ勉強しないと…

さて、今回ゲームの話をしちゃいましたが、明日はいよいよぷれぜんとですね!
ゲームしすぎてなかなか勉強に集中できない…なんて人もいるかもしれません。私当時もそうだったので…。そんなときの対処法も先輩から聞ける良い機会だと思います!
皆さんとお会いできるのを楽しみにしてます!今日は早く寝ましょうね!

以上、今回も閲覧ありがとうございました!


コメントを残す

*