ブログ

性とは?


性とは?

白石 堂馬

 

皆さんこんにちは、初めましての方は初めまして、2代メンバーの白石です。

前回、初ブログを無事?に書くことができ満足していたのも束の間、2回目ブログが意外と早くまわってきたなぁ、と感じています。

こう感じたのはおそらく今までにないぐらい忙しかったからだと思います(笑)

 

さて、今回も何について書こうか迷っていたところ、こんな報道を目にしました。

『経済評論家の勝間和代さんが、同性との交際公表』

この報道は、最近徐々に認知され始めている『LGBT』に関するものです。

今回は、この『LGBT』から『性』について書いていこうと思います。

 

はじめに、『LGBT』とは、Lesbian(女性同性愛者)、Gay(男性同性愛者)、Bisexual(両性愛者)、Transgender(性同一性障害を含む心と体の性が一致しない人)の頭文字の総称であり、性的少数者に含まれます。

 

次に、この『LGBT』の人が日本にどのぐらいいるかというと、広告会社『電通』が2015年に約7万人を対象にして行った調査では、7.6%の人が『LGBT』に該当していました。この7.6%という割合がどのぐらいの人数になるかというと、およそ13人に一人が『LGBT』であり、またこの割合は日本の左利き人口とほとんど同じ割合なのです。

このように、調べてみると、私たちの想像以上に身近な存在であることがわかります。

世界の国々との割合の比較をしようと思いましたが、あまりにも長文になってしまうため、ここでは省略させて頂きます。

 

 

少し長くなってしまいましたが、ここからが本題です。

皆さんは、上にあげたいわゆる性的少数者の人たちについてどう思いますか?

僕は、というかおそらくこのブログを読んでくださっている人のほとんどは、たとえそうだと分かったとしても、そんなことは気にしないで性的少数者と接し続けることができるでしょう。

 

しかしながら、口ではそう言えるものの、実際のところ、何をやって、どのように性的少数者と接していけばよいのでしょう?

 

この問題は昔から存在していたものの、取り上げられてきたのは最近のことなので、具体的な解決策があるわけではありません。

 

僕は、具体的にこれといったことが思いつくわけではありませんが、法整備が必要だと思います。海外では、法整備が進んでいる国が多くあるので、それらの国を参考にして一番の基礎である法というものを作ることが最優先事項だと思います。

 

 

ただ、ひとつ分かっていることは、異性愛者も同性愛者も両性愛者もトランスジェンダーのひとも、全員が『性』のことを気にすることなく、接することができるようになる社会になる/することが一番良いことだということです。

 

ここまで稚拙な文を読んでくださってありがとうございました。

次に回ってきたときは、もう少し上手な文が書けるように色々なことに目を向けていけたらいいなと思います。


コメントを残す

*