ブログ

東京にて


東京にて
筒井優菜

こんばんは。
無事に19歳になって戻ってまいりました。

前回のブログで、今回の誕生日はどうなることやら・・・とかなんとか言っていたのですが
今年の誕生日は今までで最もいい感じの過ごし方ができました!

色んな人におめでとうって言ってもらえて
インターン先では、サプライズでロールケーキと生チョコ(のようなもの)をプレゼントしていただきました!

普段お世話になってばかりの人たちなので感謝感謝です。

来年もベッド以外の場所で過ごせることを祈ります。

さて、話は変わるんですが、筒井、昨日まで東京のほうで四日ほど合宿させてもらってました。

『2020年のおもてなしとアクセシビリティ』について考える合宿です。

きっとまじめな報告は、他団体で他の人が書いてくださると思うので超個人的な報告を。

この合宿には、全12大学から18名が参加しました。
しかも、学部も教育、基礎工学、経済、人文などなどみんなバラバラ。

4日間という短い期間で、ほんとにやっていけるのかなと人見知りなので焦りまくっていたのですが
行ってみると、すんなり打ち解けることができました!

しかも打ち解けるだけじゃなくて
お互いの痛みを語り合うという貴重な経験もしました。

別にプログラムにそういうものがあったわけじゃなくって。

お互いがやっている活動について最初は話していたのですが、そこから自分の価値観やプライベートの話に。

合宿という空気がそうさせてくれたのかもしれません。

お互いが今まで感じていたもやもやを吐き出したり、辛かったり苦しかったりした過去を話しました。

今まで誰にも言えなかったことが、たった三日前に会った人に言えるだなんて。

不思議ですね人間って。

大学入って久々にちゃんと自分と向き合って、目の前にいる人と対話で来たような気がします。

小学校までは当たり前のように自分を素直に自己表現していたのに
中学・高校では、だれかのために自分を装ってきました。
多かれ少なかれみんなそうかもしれないけど。

お正月に引いたおみくじには
『誰の前でも自分らしくいること』
と書かれていました。

あーめっちゃ痛いところついてくるなーって感じです(笑)

誰かと心の底から真剣にお話したことで、ちょっとは自分に素直になれそうな気がします。
急に変わることはできないけど
自分らしい生き方を今年はできたらいいなーなんて思いました。

うまくまとめれなかったけど、今日はこの辺で。
最後まで読んでくださってありがとうございました。


コメントを残す

*