かえる会

捨てられる食料、資源、想いのはなし。


捨てられる食料、資源、想いのはなし。
荒木ゆうか

本日は、第23回かえる会が行われました!
プレゼンテーターは、農学部新2年生の黒岩竜大くん。
テーマは、『食と向き合う』

a
そもそもかえる会とは?→こちら
a
みなさんは、「フードロス」という言葉をご存知でしょうか。
フード(food)がロス(loss)する、つまり、食べ物が失われることを指します。
恵方巻の時期、節分の次の日に大量の恵方巻が破棄されている写真を目にしたことのあるかたも多いのではないでしょうか。
a
実際に、世界では、毎年たくさんの量の食料が廃棄されています。
もちろん、日本でも。
では、フードロスが起きているとき、失われているものはなんでしょうか。
a
例えば、白ご飯の場合。
この白ご飯を廃棄するとなると、
まず、白ご飯は失われます。
米から白ご飯を炊くときに使った炊飯器の電力も失われます。
洗米したときのお水も、ですね。
a
米を作るときに使った水も、芝刈り機などの燃料も、作り手の想いも。
a
廃棄する方法によっては、そのごみを運ぶため、燃やすためにまたエネルギーが消費されるかもしれません。
たった、一杯の白ご飯でも、たくさんのものが失われるという想像がついたでしょうか。
a
それでは、今回の「問題を自分事として考えるための」ディスカッションテーマ。
a
a
“あなたは今、喫茶店でバイトしています。コーヒーなどのドリンクからサンドイッチやパスタなどの食べ物を提供するお店です。
飲食店なので、ドリンクや食べ物をお客様にベストの状態で提供することが求められます。
そのため、それぞれのドリンクや食べ物には賞味時間が定められており、賞味時間を過ぎた時点で必ず破棄しなければなりません。
たとえ食べることが可能な状態でもです。毎日破棄する量は膨大で、非常にフードロスをしています。
破棄する食品が完全になくなる方法を皆さんで考えてみましょう。”
a
これ、実話なんです。
a
あなたならどうしますか?
a
今回のかえる会は、社会人の方が参加をしてくださったので、
社会人+WITH-Üメンバー+東京からの電話参加
というおもしろい形のディスカッションでした。
a
出てきた案は、いくつかあるのですが、少しだけ紹介をすると、
・ネット事前予約制の導入
・POSシステムの導入
・UverEats などの宅配サービスの活用
・ドギーバッグ方式の採用
などなど…です
名前が少し難しいですね。
簡単にいうと、
・注文を受けてから作るから時間かかるので、はやめに注文しててね!システム
・いつなにがどのくらい売れたかの記録をもとに、需要量を推測し、適切な供給量を提示するよ!システム
・近くにいる人に届けてもらうね!システム
・おなかいっぱいになったらおうちに持って帰れるよ!システム。
(語弊があるかもしれないので、調べていただけると嬉しいです…)
a
しかし、そのどれも現実性がなかったり、また別のところで問題が生じたり…一筋縄ではいきません。
a
「簡単に解決できない」問題であるからこそ、深める価値がある問題だな、と。
a
会が終わった後、全員でごはんを食べに行ったのですが、
「プレゼンを聞いた後だから、絶対に食べ残しはできない(したくない)よね」
というはなしに。
ごはんを食べるたびに、自分事として意識できるよう、「食」に対する認識が変わる会となりました。
a
黒岩くんおつかれさま~(^O^)
a
a
a
次回のかえる会は、4/13(土)!
場所は、九州大学伊都キャンパス中央図書館です✨
新歓期間のため、参加費は無料~~~
プレゼンテーターは熊野佑紀。
テーマは「これからの教育について
a
その次のかえる会は、4/20(土)!
場所は、天神北にある天神仕事基地です✨
新歓期間のため参加費は無料ですが、会場費がかかります(´;ω;`)ご了承ください。
中高生100円、大学生200円、一般の方500円です。
プレゼンテーターは荒木ゆうか。
テーマは「青春
a
申し込みはこちらから✨
a
a
かえる会の前にーーー!
4/7(日)には、WITH-Üの新歓イベントが開催されます。
詳細は、こちらから!
新入生を対象としたイベントですが、
それ以外の方も参加可能(要相談)ですので、
お気軽にお問い合わせください!!

コメントを残す

*