かえる会

懐かしきあの日々!!


懐かしきあの日々!!
佐伯未羽

本日は、第25回のかえる会でした!
プレゼンターは荒木ゆうかさん、テーマは「青春」です!


(画像はなぜかカメラ目線の私)

 

まずはかえる会参加者の「青春」を確認していきます。

みなさんの「青春」時代のイメージはどうですか?

 

中学時代から高校時代がイメージとして出ましたが、多いのは高校時代でしょうか。
私自身のイメージは高校時代に放課後の教室で友人たちと受験勉強に励んでいたことなんですが、部活の思い出や友人と遊んだことを挙げる人もいて、幅広くて興味深い、、、。

「青春」と聞くと爽やかだったり、甘酸っぱかったり、プラスのイメージを抱く人も多いと思いますが、その起源は中国にあり、肯定的な意味が広まっていったのは夏目漱石や小栗風葉の小説にあるようです。

「青春」という言葉だけではないですが、多くの人の中に共通して存在する単語のイメージのようなものを探っていくと面白いですね!

青春ソングや青春ドラマについても探ってくれていました。青春ソングは、歌詞よりも学生時代に聞いてたとか、当時の恋人と聞いてたとか、そういった傾向のようです。

また、青春ドラマで検索すると、学園ドラマ   が出てくるそうなのですが、「青春」=学生時代となっているのも面白いです。

そして、今回のディスカッションのテーマは「青春を構成するものとは」!
今手に入らないもの、熱中すること、つらい局面も存在すること、といったような様々な意見が出ました。
部活や勉強に励むイメージが浮かぶのはこれらが共通しているようにも思いますね。

また、男女が関係しているのか、という意見もありました。確かに「青春」と恋愛は関わりが深いようなイメージがあります。
いろんな人の意見を聞いていると、自分の思い浮かべた「青春」とは違えど、どれも納得できるのが面白いです…!

たった2年前のことなのに、ここまで懐かしく、「青春」という言葉がぴったりはまるような思い出となった高校時代。当時はそんな風に思っていなかったのに…。
なんだか不思議な気持ちです。これから未来の自分は、高校時代のこと、そして大学時代のことをどう思うようになるのかなあ、わくわく。

また、冒頭の質問で「誰と」というものがあったこともあり、一緒に青春を過ごす人の年齢というのも考えたのですが、同級生が多い。部活だったら先輩後輩もいるし、私が挙げた勉強だったら先生も関わってきますよね。

異性か同性か、というのも考えました。恋愛と深く関わりがあるということもあり、異性が浮かびやすいのかもしれないですね。
恋愛関係なくとも、男女複数のグループ、なんて「青春だ…!」って思っちゃいますね。

さて、今回は「青春」について考えました。
今私たちが過ごしている大学生時代も大人や未来の私たちから見たら「青春」なのかもしれないし、冒頭での「青春」の思い出がそれぞれ違ったように、人それぞれ「青春」というものも違っています。

そんな中、コミュニティ同士、人同士が教育や支援といった形で介入することもあるわけですが、「青春」がそれぞれ違うように、大切にしているものはそれぞれ違います。

それらを壊すことなく、関わり合っていくことが大切ですし、意識しておく必要があるところです。

「青春」はきっと多くの人の中で大切な思い出として生涯残るものだと思います。
そういった大切なものをそれぞれ尊重し、自分自身でも守っていけるようになればいいですね。

自分の大切なものを共有することで、新たな視点が得られることを実感したかえる会でした!
ゆうか先輩、ありがとうございました!🐸

さて、次回のかえる会プレゼンターは我らが代表、木佐貫伊央さん。
テーマは「キャリア教育って何だろう?」
伊央先輩の興味分野であるキャリア教育のお話ということで、今からわくわくしております!
興味のある方は是非参加の方、よろしくお願いいたします!


コメントを残す

*