かえる会

キャリア教育の回


キャリア教育の回
熊野佑紀

どうもどうもこんばんは。

ずいぶんと久しぶりにブログを書きます。熊野です。

いやぁ長々書かずに来てしまって申し訳ありませんでした。。。

何事もしばらく間を空けてしまうと戻るタイミングを見失ってしまうもんですね。

 

そんな久々の熊野ブログはかえる会の報告ブログです!!

記念すべき平成最後のかえる会を飾るプレゼンターはこの方!!

我らが代表様!!

 

木佐貫伊央でございます!!!

 

テーマは「キャリア教育」

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、「キャリア教育」は教育の中の数ある分野の中でもきっさが特に力を入れて考えている分野なんですね。

 

ついに奴が自分の思い入れの強いテーマをひっさげてかえる会のプレゼンに躍り出てきたわけです。

外部からのお客さんもおそらく過去最多。

こいつは楽しみだぜ。

 

というわけで始まりです~~。

 

導入部分のプレゼンは二本の柱で構成されていました。

 

・教育ってなんだろう?

・キャリア教育ってなんだろう?

 

 

この導入部分では後のディスカッションの前提となるような意識や情報を確認・提供してくれました!

 

 

全部説明していくと相当長くなってしまいそうなので駆け足で行きますよー!

 

まず一つ目の柱。ここでは事前にアンケートで調査していた、それぞれの「教育」の定義を見ていきました。

 

『子どもを精神的・身体的に育む』のが教育なんじゃないか

 

『人が正しい道に進む手助けをすること』こそが教育である

 

『生き方を伝える』のが教育だよ

 

教育とは『可能性』だ

 

などなど。いろいろな定義がありますね。

面白い。

 

前々回の僕がやったかえる会「これからの教育」の時でも話したようなことだけど、やっぱりこういうのって一つの正解はないよね。むしろみんな正解だよね。

 

それは間違いないと思います。

 

ただ木佐貫大先生によるともう少し広く考えてみてもいいのかなぁとのこと。

 

「教育って学校だけなの?」とか、「教育の対象って必ずしも子供だけじゃないよね」とか。

 

 

その通りだなぁなんて思ってたら前々回の僕の動画まで流してくれました笑ありがたや~

 

とかね、これだけじゃなくてまだまだ教育の原義とかきっさ自身が教育をどのようにとらえているか等、色々話してくれたのですが気になる人は後々上がるであろう動画をチェックです!

 

 

 

さぁ次の柱。キャリア教育ってなんだろう?

 

これを読んでくださっている人は何を思うのでしょう。

アンケートでのイメージ調査では「職場体験」や「インターンシップ」など職業に直結するものを挙げてくれた人や、「高校生」、「経験」、「なんか強そう」などなんとなく思いついたものを挙げてくれた人がいたようです。

 

「キャリア教育」という言葉自体になじみがない人もいたのではないでしょうか。

 

そんな人のために文科省がキャリア教育をどのように位置づけているのかかいつまんで紹介してくれました。

そのかいつまんだものをさらにかいつまんで赤字のものだけ上げますね。

 

・小学校段階から発達段階に応じて実施する

・一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育

・職場体験活動の実施をもってキャリア教育を行ったものとみなしたりする傾向が指摘される

 

ほうほう。なるほど。

 

 

では実際にどのような実践が行われているのでしょうか。

 

木佐貫氏によれば主に4つのタイプに分類されるようです。

ベネッセやマイナビなどに代表されるイベント型

カタリバやあこなど場所が開放されそこに行けばキャリアについて深堀り出来るようになっている空間型

現在WITH-Üが関わっている糸島高校の糸高志学など学校で行われている学校型

インターンや職場体験といった職業型

 

これら四つを踏まえた上でディスカッションに入っていきます!

 

お題は

「理想的なキャリア教育の場とは?」

 

さぁ!やったりましょか!

 

今回は3グループに分かれて話をしました。

やはり例のごとく様々な意見が飛び交ったのでダイジェストでお送りいたします。

まずは僕のいたグループ。

 

何があれば理想のキャリア教育になるだろう?

・実践する機会は必要だよね

・失敗体験とかも必要かもしれない

→学校の教育ではできるだけ失敗しないように行われてしまうから面白い視点だね

・短期で終わったり単発のものではなくて長期的にやるのが望ましいのでは

→それでいくと学校型がやりやすいかな

・いろいろな選択肢が提示できた方がいいよね

・興味がある分野の専門家と会って話を聞く体験ができたらいいよね

 

などなど。確かになぁと思いながらも完全には考えきれずタイムアップ。

 

他の班と意見をシェアする時間に入ります。

他の班では

・キッザニアってめちゃくちゃいい幼児向け、小学生向けのキャリア教育の場だよね。

→がちの企業たちが入り込んで本当の仮想都市ができても面白いんじゃないか。

・大学生くらいになると自己分析をみっちりやって自分が何者か知る必要があるんじゃないか。

→2日、3日泊まり込みで考えるイベントがあっても面白いかも。

 

・柔軟性と選択肢が必要だ!

・四つのタイプのキャリア教育がそれぞれ単体であるんじゃなくてそれぞれ行き来できるような形がいいのでは?

→空間型の形だけだと積極的な人にしか届かないから学校型であまり考えきれてない人にも空間型に飛び込むきっかけを与えられたらいいよね。

 

みたいな、こんな感じでした!!

 

最後にきっさのまとめが入ります。

それぞれの班の意見に付け加えつつ、ここに大学生が入っていける可能性と意義について話してくれました。

 

専門家とか企業がディスカッションのキーワードと出てきましたが、やっぱりこのような人たちは小学生~高校生にとってはイメージしづらい遠い存在。

しかし、ここにちょうど中間地点となる大学生が入ることによって、そこに至るまでの道が具体的にイメージしやすくなるのでは、とのこと。

 

確かにその通りやなぁ。

大学生としての可能性や、キャリア教育自体の可能性を広げられる有意義な時間になりましたー!

最近教育について語る機会多くて楽しい。

 

さて、次回のかえる会プレゼンターはWITH-Üでゼロカロリー概論の担当教員を務めております、みうちょこと佐伯未羽でございます。テーマは「強い人になりたいっ!!」。

いいですねぇ。なりたいです。強い人。

 

ということでね面白そうだなと思った人はぜひぜひご参加ください!!

 

ではここいらで終わりにしたいと思います。

久々すぎて長さの匙加減わかんなかったです。ごめんなさい。

 

ではではまた、令和でお会いしましょう!!

 


コメントを残す

*