ブログ

はなしたいひとって


こんばんは。
WITH-Ü代表の伊央です。

今日4月25日は、WITH-Üの2019年度の入団締め切りdayでした!
なんとなんと…14人もの3代メンバーが入団してくれました🙌

しかも、3大学7学部という多様さ!
WITH-Üの特徴でもある、「教育系団体だけど教育学部以外もたくさんいる」という良さがさらに引き立つ予感がしています。たのしみ…!

3代メンバーには【5月中旬から】ブログで自己紹介をしてもらう予定です!
乞うご期待ください🎈

さて、本題にうつります。

今日のタイトルは『はなしたいひとって』。
RADWIMPSさんの「夢番地」を脳内再生しながらお読みください。(超個人的意見)

みなさんのまわりに、
「このひとにはなしを聴いてもらいたいなあ」「このひととはずっとはなしていたいなあ」
って思うようなひと、いませんか?

たぶんひとりやふたりはいるんじゃないかな、と思います。
実際にはなす関係かどうかは置いといて、「はなしてみたい!」とかもありますね。

では、どんなひとが、「はなしたいひと」なんでしょうか。🤔

このブログではその直接的な答えは提示しませんが(できませんが)、
それに関連したはなしをしたいなあと思います。

突然ですが、僕、はなすの上手くないんですよね。
教育がやりたい!キャリア教育の場をつくりたい!とかいってるわりに。

ことばを探してるうちに前のことばが逃げてしまうし、
いいたいことが伝えられないし、
声も通らないし、
テレビとかアニメとかみないから共通の話題も極端に少ないし…。

WITH-Üのメンバーをみても、
例えばかのちゃんは「対話」ということじたいへの愛と理解がすごいし、
例えばあかりーぬは「声」という伝える武器を持っているし。
ゆうかはひとを惹きつけるはなしかたをするし、伊集院くんは圧倒的な知識量だし、黒岩くんは米への愛を語るし、ななこちゃんとみうちょんはゼロカロリーとかいってるし…(以下略

対大勢であっても対個人であっても、
魅力的なはなしができるのって本当にすごいなあ、と思っています。

でも、今日気づいたんです。

「俺、勉強教えるの得意だわ」って。

実際の点数に反映するか否かは置いとくとしても、
勉強を教えるのは好きだし、なんならおもしろく教えられる自信もあります。

実際、塾講師や高校のTA・サポーターや家庭教師として、
いまいろいろなところで高校生と関わっているのですが、
進路や勉強のはなしになると、すごいはなしやすいし、わりと生徒も興味をもってきいてくれるなあと。

結論なにがいいたいかというと、
「<じぶんと聞き手が共通で好きなこと>をはなしているとき、ひとはきっと誰かにとって、はなしたいひとなんだろうな」ということ。✨

はなすのが得意、とはちょっとちがうかもしれませんが、
それでもじぶんの好きなことであれば勉強のことでも音楽のことでもアイドルのことでも、
なんでもこれにあてはまりそうな気がして。

特になにか社会的な新発見をしたわけでは全くないですが、
個人的にはいい気づきだったなあ、と。
ちょっとそれを共有したくなった春の夜。

以上、最近、すごく教師になりたい欲が増している伊央でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
みなさんにとって、よい新時代の幕開けとなりますように。


コメントを残す

*