ブログ

熊野


こんにちはこんばんはおはようございますっ

というわけで自己紹介ブログ三人目ですね。
熊野佑紀と申します。

もう初代メンバー三人目ともなるともう飽きたんじゃないかなと思うんですけども熊野という人間に何かしらの興味があればかるーく眺めていただけると嬉しいです。

とはいえ自己紹介って何を書けばいいんでしょうね
代表・副代表の自己紹介もなんか参考にできるかできないか微妙な感じだし()

そうだなぁ

①基本的なプロフィール
②好きなもの
③教育の分野で興味のあること

こんな感じで書こうかな。
適宜興味のある所だけ読んでくだせえ。

①プロフィール!!
熊野佑紀といいます。20歳です。
名前のインパクト的に佑紀よりも熊野の方が強いみたいでくまちゃんとかくまのんとかくまのと呼ばれることが多いです。
だから下の名前の方を取った呼び方をされると嬉しいような恥ずかしいような感じがします。苗字が特徴的な人はこの気持ちわかってくれるのではないでしょうか。

出身地は福岡県の行橋市というところです。
まぁ基本的に伝わらないので北九州の方とかっていう説明の仕方をします。
行橋は、んーなんだろう、取り立てて何があるわけでもないんですが。
遊ぶところも全くないわけではないし、自然も適度にあるし、生活には困らない感じのちょうどいい田舎とでも言いましょうか。そんな街です。

所属は九大教育学部の3年生です。教育学部というと必ず「じゃあ将来は先生?」という質問をされるんですけど実は九大の教育学部は教員養成の学部じゃないんですよねぇ。もちろん教員を目指す人もいますがそこまで多くないです。
ではなにを勉強してるのか、については最後に書こうかな。

あとは何だろう。
O型・みずがめ座・うさぎ年です。
誕生日は2月17日。プレゼント待ってます。

こんなもんかな、プロフィール。

ハイ次!!

②好きなもの・こと・ひと
これはもうこの場を借りて布教させてください。
僕結構音楽とかアニメとかの好みってその時々で変わりやすいタイプなんですけど、一個だけ好きになって以降ずっと一番なものがあるんですよ。
「BUMP OF CHICKEN」っていうバンド。普通に知ってる人も多いんじゃないかな。
5千字くらい語ってもいいんですけど、そんなことしだしたらもはや自己紹介ではないのでやめときます。

でもまぁちょっとだけ。。。

ちょいちょいブログでもファンなら「あっこいつやりやがったな」って気づくような言葉とか多分入れてるんですよね。
それぐらい、彼らの曲の詩に影響を受けてる節があります。

普通に生きてたら抱くような感情の隣にそっと自然にただ居てくれるような優しさがほんとに好きで。
なんだろうね。うん。とりあえず好き。

聞いてみてとかは言わないですけど、これが誰かのBUMPと出会うきっかけになってくれるとすげえ嬉しいです。

ちなみにハマるきっかけになった曲は「才悩人応援歌」という曲です。
今よく聞いてる曲は「ギルド」。どっちも最近の曲ではないんですけど良かったら。

ハイ次。

③教育の分野で興味のあること
これは今大きく2つあります。一つはスクールカースト。もう一つはオルタナティブスクールやフリースクール。

一つずつ簡単にいきますね。
まずスクールカースト。同じくらいの世代のそれなりの人が通ってきた道じゃないのかな。
このスクールカーストというのに後悔やらトラウマやら色々引っかかる感情がありまして。
そういった学生時代特有の人間関係について研究したいなぁと思っています。メカニズムだったり、当時のカーストごとのその後の人生を調査してみるのも面白いんじゃないかなぁとか思っています。

もう一つですね。オルタナティブスクール。日本語訳すると「もう一つの学校」。
要は「いわゆる普通の学校」とは違った選択肢の一つとして提供される学校形態です。

一口にオルタナティブスクールといっても、学校に何らかの理由で行くことができない子供が学校よりは低いステップで行けるような不登校支援の側面が強いスクールもあれば、むしろ公教育ではできないような多様でレベルの高い授業や将来に直結するようなキャリア教育を売りにしているスクールまで様々です。

このオルタナティブスクールの存在を知ったのは大学生になってからなのですが、「教育=学校」の考えにとらわれていた自分としては衝撃でした。

このような学校形態がどういう位置づけになっていくかどうかがこの先の日本の教育の行き先の大きな鍵になってくるのではないかなと個人的には思います。

とまぁこんな感じですね。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
いやぁそれにしてもWITH-Üも自分の大学生活ももう3年目かと思うと、感慨深いような、焦るようなそんな感じですね。
1年生に戻りたい、、、
はい、熊野佑紀でした。ではまた次のブログでお会いしましょうっ


コメントを残す

*