ブログ

以後お見知りおきを。


以後お見知りおきを。
福留健志

皆様はじめまして。
WITH-Ü3代メンバー最年長(?)の九州大学法学部1年福留健志です。
人生初のブログ更新です。手汗が半端じゃないんだけどどうしよう。ゼロからのスタートでして何をどう書いたら良いのかさっぱりですし、他メンバーブログの出来が良すぎて霞んでしまいそうなのですが、自己紹介を含め私自身のことについてつらつら書いていこうと思います。

 

と、その前に。はじめに私の名前を書きましたけれども、ご覧になっているあなたはこの苗字を何と読まれたでしょうか?恐らく「ふくどめ」だと思います。プロ野球選手にもいらっしゃいますし。
ところがどっこい私の苗字は「ふくとめ」なのです!自分で言うのもなんですが珍しいですよね。
どちらの福留さんも鹿児島にルーツがあるようだという話を聞いたことがあります。
ですので、初めてお会いする方には必ずといって良いほど「ふくどめ」と呼ばれます。訂正するのが面倒なので正直なところどちらでもいいんですけどね。
下の名前は「たけし」です。苗字も名前もかなり気に入っています。字面がカッコいいもん。
友人から「たけちゃん」「福留」「ふくちゃん」「ちゃんふく」「ちゃん」などと呼ばれています。5番目なんて名前関係無くなってるけど。

出身は福岡県糟屋郡宇美町という所になります。入学してから出身地を尋ねられることが多々ありましたが、他地域から来た方はともかく福岡県民でさえも知らないことが多いという非常に影の薄いまちです。そんなまちですが、宇美八幡宮大野城跡、冬には難所ヶ滝の氷柱と観光スポットはそこそこありますので是非一度訪れてみてください。

誕生日は4/13です。新学期始まってすぐなのでまともに祝ってもらえることは殆どありません。悲しいです。一浪のため現在20歳です。

趣味はいくつかありまして、
スポーツ(観るのもするのも)
物心ついた頃からホークスファン。ホークスについて語ればブログ数回分は書けます。好きな選手は和田毅。最近はサッカーにもハマりつつあります。小学生時代には野球と水泳をちょこっとしてました。

音楽
好きなアーティストは沢山いるのですが、昔から好きなのはBUMP OF CHICKENと星野源です。BUMPは母の影響で保育園の頃からのファンです。「jupiter」は名作。星野源は「フィルム」をきっかけに知りました。「夢の外へ」のPVは是非とも一度見ていただきたいですね。広く浅く聴く人なので大体のアーティストの話題にはついていける…はず。

その他にも、掃除、カラオケ、読書も好きです。

 

ここからはちょいと真面目な話を。
このブログを書くにあたり、福留ってどんな人間なのだろうかと考えてみました。
・基本は真面目
・でも結構ふざける
・気分屋
・自分に自信がない
・頼まれたら断れない
・自分よりも他人の事を第一に考えちゃう
・一人になる時間を作りたくなる
・悩んだら取り敢えずやる人
・後先考えずに行動しちゃう
・人見知り
・引っ込み思案
・恥ずかしがり屋なのに目立ちたがり屋(さめちゃんブログより引用)
こんな感じでしょうか。

これからも悩むことになると思うのですが、昔から人見知り&消極性を発揮してしまうことが幾度となくありました。さらに無口だったので幼い頃は可愛げがなかった子供だったに違いありません。その割には人前に立ったりリーダー的役割を担うことが何度も何度もありました。小学校では図書委員長として大改革を断行しました。中学校では生徒会長に立候補して見事に落選しました。高校では生徒会副会長やら文化祭の副実行委員長やら体育祭の演舞係を務めてました。おかげさまで人見知りもだいぶマシになってきました。

福留の半生をざっと振り返ってみます。
3歳ごろから勉強をさせ…し始めた記憶があります。ひらがなカタカナの書き取りやら足し算引き算やら。祖父がつきっきりで教えてくれたのですがまあ厳しいこと厳しいこと。色々とダメ出しをされ終いには福留少年が悔しくて泣きじゃくるのが毎回の流れでした。今となってはこのおかげで勉強面では不自由なくここまでやってこれたのかな、と思っています。感謝感謝。
小学校入学後も先の学年の内容を先取りして学んでいました。そして大きな転機となったのが小学5年生。中学校で困らないように、との親の思いから塾に通いはじめました。当初は全く中学受験を意識していませんでしたが、通っているうちに徐々に成績も伸び受験を意識するようになりました。あの頃は純粋に勉強が楽しかったです。あの気持ちは何処に行ってしまったのでしょうか…?
中学受験の結果、家から一番近い中学校に通うことにしました。塾の友人も行くということでしたし。中学時代はあまり楽しくありませんでした。修学旅行がニュージーランドでのホームステイ3週間で貴重な体験になりました。
それに比べて高校時代はかなり充実していました。しようかしまいか悩んだら取り敢えずやる人なので、上述のように様々なことに首を突っ込みました。
そして一浪を経て現在に至ります。なんだかんだで浪人はしてよかったと思っています。あの1年で精神的に三回りほど成長出来ました。大学では今のところサークルを4つ掛け持ちしております。迷ったらやる精神全開で忙しくなりそうな予感がしてます。程々に頑張ります。

福留が法学部を志した理由はふたつありまして、
ひとつは母の影響。ただぼんやりと教師になろうかしらと考えていた中学生の頃、母がまちづくりに関わる仕事をしておりその姿を見て、母上かっこいい!母上のような仕事がしたい!公務員になってまちづくりがしたい!と思うようになったため。
もうひとつは「法」という存在への興味。我々が日常生活を送るうえで法は無くてはならないものです。あらゆることを決めているルールですし。ですが法の存在を気にしながら生きている人はそれほど多くはないでしょう。そのような中で、法ってなんなんだ?どんなものがあるんだ?なんで要るんだ?この世のルールを知らずに生きていくのって怖くない?という好奇心を持ったためです。
九州大学を選んだのは福岡というまちが好きで離れたくなかったためです。裏を返せば新たな環境に身を置くことを恐れたため。この先も出来ることならばこの地で生活していきたいです。中学の頃から一貫して九大を志望してました。

この団体に参加した理由としては、
志の高い人達が沢山いるから。
引っ込み思案な自分を変えられそうだから。
雰囲気の良さに惹かれたから。
やりたかったことが出来そうだから。
自分の力を活かせそうだから。
主なものはこんな感じですかね。先輩方にも同期メンバーにも恵まれているなとつくづく思います。

書きたいことは書けましたがいくらなんでも長すぎますね…。少ない文字数で伝えたいことを書くのはこれからの課題になりそうです。自分自身と向き合いながら言葉を綴っていくのは意外と楽しかったです。次回の担当日が待ち遠しいですね。これから馬車馬の如く働く所存ですのでよろしくお願いします。拙い文章でしたがお読みいただきありがとうございました!


コメントを残す

*