ブログ

「This is me !」


「This is me !」
矢野 優斗

みなさんはじめまして!WITH-Ü3代目、九州大学教育学部1年の矢野優斗と申します。ブログを書くのは初めてです。大トリということで、同級生や先輩方やうさぎさんから期待を受けているようですが、言い換えればラストバッターなので、どこかで申し上げた通り、セ・リーグでいえばほぼピッチャーの打順ということで、皆さんのような全米を感動の渦で包むような文章は書けませんが、あしからず。

 

僕のブログが本気で面白くなかった時の言い逃れを無事に作れたところで、これまで僕の歩んできた軌跡を。3月23日、神奈川県横浜市というところで生まれました。かなりの早生まれです。たまひよに参加した際、「1週間前まで17歳でした」と言ったら、とある先輩に悲鳴を上げられました。ちなみに、自己紹介でこれを言うと、「横浜出身とかかっこいい」だとか、「シティボーイなんだ」とか言われますが、テレビで映る横浜はきれいな部分しか映してないので、まったくそんなことはありません。
小学校くらいまでの僕は、今より人見知りの激しい子でした。人前に出るのは(今もですが)苦手で、しかしクラスでの係や委員会はまじめにこなす、たいそうフォロワーシップにあふれる子だった、と自覚しています。
転機は6年生の時、梅雨も明けようかという時でした。父の転勤で、福岡へと引っ越すことになったのです。突然知り合いゼロの環境に、しかもそんな中途半端な時期に放り込まれることに、とてつもない不安に襲われた記憶がありますが、転校先のみんなが一瞬で不安を打ち消してくれました。
その後全校1000人以上いる中学校を経て、偉大なWITH-Ü代表と同じ高校に進学しました。高校時代、僕はとても意識の低い生徒で、習熟クラス(成績と意識の高さを両立するクラス)に入ることを、「習熟クラスは課外が必修だから嫌だ」などという理由で拒絶するような怠惰な子でした。3年次、同じ九大志望の友達と、2人で一般クラスにいながら習熟クラスに挑む、という趣味の悪いことをやりつつ勉強したのはいい思い出です。そして無事に合格することができ、今に至ります。部活はやっていませんでしたが、趣味でアコースティックギターをやっていたので、いまはそのサークルにも入っています。

 

来歴はこれくらいにして、性格の話を。僕の性格は、一言で申し上げるならば、「典型的なO型」です。何かで血液型別の性格表みたいなものを見たところ、恐ろしく特徴に当てはまっていました。性格と血液型に関連はないとさんざん言われてるのはわかってはいるのですが…「主体性はないけど周りに合わせるのが得意」とか、「熱しやすく冷めやすい」とか、「苦しくて辛いとき助けてと言えない」とか。まさしく僕です。辛そうにしてたらやさしく声をかけるなり無言で猫の動画を見せるなりしていただけると。それでも、自分のやりたいことが見つかればとことん頑張れる人間、と自分では思っております。自分では。

 

長くなってきましたね。もう少しだけお付き合いください。

 

最後に、少しだけまじめな話を。僕は正直なところ、将来のビジョンなんてほとんど見えずにこの大学に来ました。高校に入る時もこんな感じだったような気がします。日々授業とかを受ける中でやりたいことなんて見つかるだろう、と。結局だらだら高校を出てしまいましたが…
上にも似たようなことを書いたかもしれませんが、僕は周りに合わせて行動することが多く、悪く言えば受動的な人間でした。しかし、大学という広い環境で、自分から動くことの重要性を痛感しています。積極的に動けば、なにか今まで見えなかったものが見えてくるかもしれない。そう信じて、WITH-Üとしての活動を通して、少しでも自分が変わる、そのきっかけをつかみたいと思っています。

突然どうしたこいつ急に語りだして、と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、僕の自己紹介ブログはこの辺で終わりたいと思います。最後、というのはお得な面もありました。先輩方や同学年の皆さんの書かれたものを見ながら、「こんなことをかけばいいのか」「こういう感じだと面白いな」と参考にしながら書けたので。もちろん”参考”にしただけですよ?こんなこと言っておいて面白くないと言われたらきっととてもへこむので、辛口コメントはやさしい口調、もしくは猫の動画を見せながら、でお願いいたします。一年後、これを見返した僕はどう思うんでしょうか。それも楽しみです。

 

なんだか、かなり長くなってしまいました。こんなグダグダな文章に最後までお付き合いいただき、ありがとうございます!
以上、WITH-Ü1年、矢野優斗でした。

 


コメントを残す

*