ブログ

でくのぼう


でくのぼう
金本晃汰

みなさんお久しぶりです。人生二度目のブログ投稿。今回ものらりくらり書いていこうと思います。どうぞお付き合いください。さてさて、今回のテーマは「おすすめの本」ということで。実家暮らしじゃないから本が手元にないよ!とも思ったんですが記憶を呼び起こして一冊だけ紹介しようと思います。

 

「のぼうの城」 和田 竜

時は戦国時代末期。話の主人公となるのはのぼう様こと成田長親。この男何者かといいますと忍城の城主の従兄弟でございます。この成田長親、一応武士ではありますがどんくさく全く貫禄がない。たびたび城を出ては百姓と一緒に田植えなどをしておりました。のぼう様という呼び名はでくの坊(役立たず)からきておりまして、なんと百姓からそうよばれておりました。まぁそれだけ慕われていたということでしょう。物語の前半にはこうした長親の役立たずだけどどこかかわいらしく憎めない人柄が描かれています。そんな忍城にある日、天下統一を目前にした秀吉軍がやってくるわけです。秀吉は関東地方を治めれば天下統一という状態でした。その関東一帯を治めていたのが小田原に本拠を構える北条氏でした。秀吉がやってきたとき忍城の城主は小田原にいました。「秀吉が攻めてくる。全員集合!」って感じで。ですから急遽長親が代わりに総大将をやることになったんです。まぁ総大将とは名ばかりで当主から任された役割は降伏すること。「秀吉来たら城を明け渡しちゃっていいからね。」って。まぁそりゃそうですよね。なんたって城に残っているのは500人。対する秀吉軍は2万強。時間稼ぎにもなりません。そして秀吉軍の使者長束正家が長親のもとにやってきます。この正家、相当なめきった態度で理不尽な要求をしてきまして、忍城の武士たちにも武士としての誇りがありますからね。そんな正家の態度に怒りがこみ上げます。ただ500vs2万誰がそんな負け戦を挑みましょう。そのまま怒りをこらえながら降伏宣言する、皆がそう思っていた時、あの仮総大将が言っちゃうんです。「腹は決めておらなんだが今決めた。」「戦います。」「戦場にて相見えると申したぁー!」あちゃー。こうして戦の火ぶたが切られます。すると圧倒的負け戦なのに武士から百姓まで長親のもとには人が集まります。みんなのぼう様をほっとけないんです。ある意味これが長親の天賦の才。2万の大軍に長親がどのように立ち向かうのかは実際に自分で本を読んで確かめてください、ということで。

 

この作品は作品中で書き手の主体がいろいろな人に移るのですが、長親の心の内部が描かれることは一度もありません。長親が書かれるのはいつも外からの目線。読み進めれば読み進めるほど長親という男の味が出てきます。ただのでくの坊ではない魅力。とてもかっこいい。

 

こののぼうの城映画化されたので知っている人も多いと思います。映画も見ましたがやはり本のほうが細かい描写、エピソードがあって面白いと思います。これは大学生になって初告白ですが僕戦国時代が大好きなんです。(好きな武将は北条氏康。マニアックすぎて誰もわからないと思いますが)ただこの本は歴史に興味がない人でも楽しめるような内容なのでぜひ読んでみてください。


コメントを残す

*