ブログ

ちょっとだけつかれたあなたに


ちょっとつかれたあなたに
日髙波美

私は昔から結構本を読む子だったと思います。両親がたくさん本を買ってくれて、小さい頃は寝る前に兄弟3人で母の回りに集まって読み聞かせをしてもらうのが日課でした。その頃の私のお気に入りは「押入れの不思議な冒険」っていう絵本でしたね。なつかしい。

 

そんな環境で育ったおかげか文章を読むのが好きで、ほんとに本ばっかり読んでました。最近はめっきり読まなくなってしまったので過去形です(笑)読むジャンルは特にこれと言ってこだわりはなく、なんでも読みます。まあしいて言えば

小学生→ファンタジー系(ハリーポッターが大好きでした)

中学生→海外の作家さんの作品。おっきなスケールの世界観とか、なんか翻訳された独特の言い回しがすきです。

高校生→日本の作家さんの作品。きれいな日本語っていいな、って。現国の授業の影響で近代小説とかにはまってた時期もありました。(ラノベには反対派だったんですが、クラスの男の子たちの間でめちゃくちゃに流行ってて、ちょっと好きだった子がおすすめする作品を借りて読んでみたらすごい面白くてはまったこともありました。青春でした。)

 

いろいろ書きましたが、実は私が一番好きなのって絵本なんですよ。絵本だったら1日中でも読んでられますね。私の受験勉強を支えてくれたのも絵本かもしれません。学校の図書室に絵本コーナーがあったので、勉強の休憩がてら1冊ずつ読んでました。そんな私の好きな絵本を少しだけ紹介させてください。

 

「100万回生きた猫」

私が紹介しなくともみなさん知ってるであろう不朽の名作ですね。何度読んでも幸せについてとかいろいろ考えさせられます。

 

「星の王子さま」

私が紹介しなくても~シリーズ第2弾です。読むたびに感じ方が変わる作品ですね。あとシンプルに絵がすきです。こんなに世界中で読まれ続けられるってほんとすごいなあって思います。いつか原本(翻訳じゃないやつ)を読んでみたいです。

 

「りんごかもしれない」

これはヨシタケシンスケっていう作家さんの絵本なんですけど、彼のシリーズを読みだしたきっかけの絵本です。高校の先生が授業中に紹介してくれて、その先生のことが大好きだったので読んでみました(青春シリーズ第2弾)。とにかくこの方の作品全部面白いんですよ。あと絵もかわいいです。学校の図書館に毎回新作が入ってたので、すごく楽しみにしてました。大人も子どもも楽しめる絵本だなって思います。

 

長くなりましたが、絵本っていつ読んでも面白いし、きれいな世界ばっかりだから、ほんとに心のオアシスになるなあって思います。ちょっと毎日に疲れたあなたはぜひ絵本で心を癒してください。


コメントを残す

*