ブログ

まなび方


まなび方
筒井優菜

こんにちは。
筒井です。

夏休み終わって悲しいような嬉しいような。

悲しいのは、まず、休みが終わること。
休みの期間にしかできないことがたくさんあるからそう思うのですね。

次に、高校生までなら断然この理由。夏休みの宿題と定期テスト。
筒井は最初にバーっとして、そこから中盤気を抜くまくって、最後らへんにまたバーっとしちゃう人でした。まさに、U字カーブ。WITH-ÜのÜみたいです。

そして、ちょっぴり寂しかった代替わり
出会ってしまった以上、どこかでお別れは来てしまうものですが、何度経験してもこれは乗り越えがたいですね。

でも、筒井昔から、夏休み終わるの楽しみでもありました。
また、クラスのお友達と会えるから。
特に小学校や中学校は、行動範囲が狭いのもあって遠くに住んでるお友達とはなかなか夏休み期間会えなくて、新学期に会うのを楽しみにしてました。
大学生になると、行動範囲が広がりまくったせいで、逆にまた会えない友達もいるのですが。
まあ、もう授業が始まったし、たくさんの人に会えて嬉しいです。

この夏は、福祉にどっぷりとつかっていました。
留学や旅行中、ずーっと福祉の観点から、風景、人、サービス、ものを観察していたような気がします。意識的に福祉色の色眼鏡をかけた感じ。

後期はどうしようか迷い中です。でも、たくさんの色眼鏡をかけれたらいいなーと思います。まなびの色眼鏡、です。差別的な色眼鏡にはならないように注意しなきゃですが。

最後に、ちょっとした発見のご報告。
イギリスで3ペンスを出そうとしたときのお話です。
なんか、筒井的感覚で行くと1ペニー×3で出したくなるんですよね。日本でいう3円=1円×3的な。
でも、イギリスでは大抵、3ペンスを、1ペニー+2ペンスで、出すわけです。
ほー、なるほど、2n+1的な考え方なのね、と感心しました。
3、っていう数字をそう捉えるんだなーって。

筒井にとって、まなびは、こんなふうにありたいなーと思います。3、っていうものを、いろんな角度で解釈できるようなまなび方。

3=数字=1+1+1=1+2=自然数=奇数の中で最小の素数=・・・

みたいな。

最後とか言ったくせに書きすぎた。
悪い癖です。

まあ、こんな感じで後期も、まなびの種をたくさん収穫できたらいいな。実りの秋、だしね。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

PS.アイキャッチ画像は、福岡へ戻ってくるときにとった空。
あまりにも綺麗だったから、最近乱用していますが。
夕暮れ時、です。
終わりと始まりの境の夜へ、向かう時、です。


コメントを残す

*