ブログ

私とブログと。


「私とブログと。」
時川碧海

 WITH-Üブログ、お久しぶりです。

    早いもので大学生となり、半年が経ちました。ぽやんと過ごす大学生活とはお別れし、後期からは興味関心、マストなことにどんどん挑戦し、頑張らなければ、と気を引き締めている今日この頃です。

 

    さて、話は変わりますが、だんだん涼しくなってきました。伊都で迎える初めての季節ですが、なんとまあ、一年中風通しのいいあの場所では、涼しげな風、ではなくもう既にちょっと冷たい風が吹いております。ただ、空気感はどこも変わらず、澄んでちょっと冷たい、身を引き締めるような朝夕は私の好きなモノです。なぜか小さい頃からこの空気感には、懐かしさや切なさ、やる気や勇気をもらいます。私だけでしょうか。

 

    ブログ、なんでまたこんなにも久しぶりなのか、この夏そんなに忙しくしていたのか、という声がそろそろ大きくなってきそうですが、忙しかったのは事実です。ただ、心が忙しかった。大学生になり、順応性の遅い私はやっと大学生っぽくなってきました。この夏、自分はどういった勉強や物事との向き合い方が必要なのか、マルチタスカーなのかどうなのか、などちょこちょこと色んな場所に顔を出しながらも自分と向き合った夏でした。ほお、じゃあさも自分のことをよく理解できたのか、というとそうではなく、一生向かい合い問い続けていかなければいけないものだと痛感しました。

 

    ブログを書くにあたって、私はテーマとその周辺の関連のあることについて思案した後、やっと文章に書き起こせます。何をするにしても遅いやつだと、ここまで読んだ方は思われたのではないでしょうか。私も思いました。考えること、まとめること、目に見える形にすること、全てが遅い。私に長所があるのか心配になってきました。でも、文章にすることも、人に何かを伝えることも、苦ではありません。こんなにも時間はかかりますし、お喋りをしても、家に帰って話した話題について考えを巡らせ、本当はこれが伝えたかったと時既に遅し、という状態で探り当てることもありますが、なぜか好きです。ただ、心の忙しい時期には難しいことだったということを体感しました。ブログを書き起こせるくらいの余裕はこれから残して生活したいですね。

 

    ここまで一気に書き上げて、前置き長い割に内容短っ、と思いましたが、こんなブログもたまにはあっていいでしょう。最後まで読んでくださってありがとうございます。ではまたの機会に。

PS: 今回の写真は、この夏唯一行った旅行先での1枚です。いるかって可愛いですね。


コメントを残す

*