ブログ

自己を肯定するために・・・


自己を肯定するために・・・
甲斐丈一郎

お久しぶりです!

ここ最近ずっとブログをサボっていた甲斐です。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。甲斐はめちゃくちゃ元気でしたよ。教育学部の学部枠の中でやった、自分の心理状態を測るテストでも元気すぎて健常者の基準を大きく超えそうでした。程々に落ち着いていこうと思います。

さて話を戻しましょうか。サボっていたことについて。

サボっていたのには二つの理由があります。

一つ目はシンプルに時間がなかったこと。

九州大学は10月に九大祭という催しがありまして(亡くなりましたが)、甲斐は他のサークルの責任者になっており、次々と発生するタスクに圧迫されていました。そのため、片手間で書くぐらいなら、最初から諦めようと開き直っていました。

二つ目はシンプルに書きたいことがなかったこと。

本当に何もなかったんですよね。びっくりするくらい。さっき書いたように慣れない責任者になったり、夏休みもいろんなところに行って色々な経験をしたりしましたが、これと言って書くことが見つかりませんでした。まぁ、自分のリーダーシップの無さについての愚痴とかならいっぱい書けますけどね。この前もリーダーシップがなさそうという理由でバイトの面接落ちましたし。ははは

 

まぁ、このように色々とあってサボっていた甲斐が久しぶりにブログを書いてみようと思います。

急に書こうと思ったのには二つの理由があります。

一つ目は話すネタが見つかったこと。・・・というか気づいたこと。

二つ目は、最近WITH-Üのミーティングを休みがちになっていて少し罪悪感が湧いたこと。理由としては、免許が・・・ちょっと期限がギリギリなんですよね。今も車校の待合室で書いてるくらい余裕がなくなっているのが現状です。まぁ全部自業自得ですけれど。でも少しでも活動に参加したいと思った結果がこのブログです。

 

前置きはこんな感じですかね。じゃあ、始めます。

 


僕は9月14日に東京で開催されていた「未来の先生展2019」に参加しました。(WITH-Üとしてはポスター展示をしました)
そこでは様々な分野で教育に関わっている方々が講演をされていたり、ワークショップを開かれていたり、教育に興味がある人間にとってはかなり刺激的なイベントでした。

そんななか、甲斐は各企画の一覧を見ていると、「自己肯定感」とか「自己効力感」といった言葉が多いことに気づきました。
最近よく目につく言葉ですよね。子育てをするときにも大切らしいですし、大人になってからもあった方がいいらしいです。
この「自己肯定感」について色々学んできたので、詳しく書いていこう!・・・と思っていたのですが、ちょっとまとまりそうにないので、今回は自分のことを話そうかなと思います。今回はこれで勘弁!してもらえると嬉しいです。(詳しいことは後日書きますね。今回は簡単に言うと自分語りです。)


 

まず始めに
今までの人生を振り返ってみると、子供の頃は割と自己肯定感は高かった気がします。・・・というか当時はそんなこと自覚してなかったでしょうけどね。あくまでも今考えると、です。そして、中学、高校と進むにつれてなんとなく下がっていっているのを感じました。それは成績の低下であったり、失恋であったり、まぁ色々あったんでしょうね。もうあんまり覚えてないです。

そんななか、本当なの?!っていう情報を扱う某TVで、自己肯定感が高い人は魅力的に見える、という情報を聞きつけました。思春期真っただ中だった甲斐にとっては超重大問題です。なんとしてでも自己肯定感を上げようと、いろんな本を読んだり、話を聞きにいったり、実践してみたり、たくさん実験しました。
そこで今からは、自分が実際にやってよかったな、と思えたことを紹介していきます。
皆さんも気分が落ち込んだときや、やる気が欲しいときとかに試してみるといいかもです。

 

  • 声に出して自画自賛する

言霊ってあるじゃないですか。結構僕はそれを信じていて、自分で言っているうちに本当になると信じています。僕の友人なら分かると思いますが、僕はよく「やっぱカッコいいなー僕は」とか言ってますね。あれは半分は本気で思っていて、もう半分は言霊を信じているから言ってるんです。もともと自分の顔とか性格とか、あんま好きじゃなかったですけど、こういうことを言ってるうちにそんなに気にならなくなりました。たまに鏡とか写真を見て魔法が解けることもありますけどね。

 

  • いつでも「よしッ」という

これはただの我流なんですけど、結構いい方法ですよ。昔の僕は舌打ちをしてしまう癖があり、それはちょと自己肯定感低いなと思い、止めようと決意しました。そこで僕は「(・д・)チッ」の代わりに「(*^▽^*)よしッ」っていうようにしました。意味なくクラクションを鳴らされても(*^▽^*)。列を横入りされても(*^▽^*)。九大祭が中止になったときも(*^▽^*)。みたいな。こうすることで結構気が紛らわせるんです。そもそもイライラすることが減りました。それに周りの人を不快にさせることもないですしね。いいこと尽くしです(*^▽^*)。

 

  • 瞑想をする

理由はわからないですけど、瞑想をすると自己肯定感が増すらしいです。これについての研究とかもあって、なかには瞑想しすぎると自己中になるといった研究結果もあった気がします。まぁ自己肯定感が高い人と自己中な人はほぼ同義だといえるかもしれませんね。また、世の中には様々な瞑想法があります。そんななかで僕が実践していたのはキャンドルをつかったものです。やりかたは簡単で、部屋を暗くして、机をきれいに片づけて、ろうそくに火をつけて、ぼーっと見つめる。はい、以上です。あとは好みでオーケストラとか自然の音とか流すといいですよ。僕は川の流れる音を聞いてました。

この方法は簡単にできるのでオススメです。ただ、一つ問題があって、それは親に目撃されると「何の儀式・・・?」と心配させてしまうことです。僕は受験のつらい時期にこれをしていたので、親は割と本気で心配してました。スピリチュアル方面の心配を。

 

・・・はい、こんなところですかね。一応言っとくと、ここで書いたことは確かな根拠がある話ではなくて、あくまでも甲斐の実践していたものです。なので「ホンマでっか!?」くらいのテンションで聞いてくださいね。・・・あ、濁してたのに言っちゃった。

 

今日はここまでにします!今度のブログ(いつになるかは分からないですが)では、ちゃんと根拠もある実際に学んできた話とかできればいいなーっと思ってます。まぁそれも書くかどうかも分からないですが。その時の気分次第ですね。

 

また、お会いできる日が来ますように!

ではでは~


コメントを残す

*