ブログ

「イベント系」を消しましたって話と活動紹介のようなもの


「イベント系」を消しましたって話と活動紹介のようなもの
田中茜里

こんにちは。田中です。
気づいた人がいるか分かりませんが、
Twitterの名前から「イベント系」を消しました。
(え?前はあったんだ知らんかった、という人もいるでしょう)

新歓時期ですし、ちょっとWITH-Üについてのお話もしといた方がいいかなーと思ったため、今回のブログはこんなテーマで書いています。

さて、「教育イベント系団体」と銘打っていたWITH-Üですが、
実は前に行ったイベントは2019年8月の「かえるの教室」が最後。

それからはしれっと理念を変えたり、
団体内でお話し会をしたり、
糸高志学や宇宙の学校など外部のお手伝いをしたり、
といった形で過ごしていました。

イベントをやろうか…とちょっと話し合ったこともあったけど、
開催までには至らなかったですねー。
よく読んでくださってる方は分かると思いますが、
ブログの更新頻度も下がっています。

以下、田中個人の話。
周りから見たら「失速してるなぁー」という感じなんでしょうね。
周りどころかメンバーから見てもそうかも。
田中としては、サークルにしても学生団体にしても、
ある程度時間を割いてもいいかな、やりたい気がするなって言う人が集まって、
その上でなるようになるとしか思っていないので…。
そういう面で田中は危機感とか責任感とかが欠如している気がする。

なんかこう書くと消極的な代表に見えなくもないですが、そういうわけではない。
元から私にとってイベントをすることってあまり大切ではなくで、
WITH-Üの「いろんな人が集まっていろんなことを話せる場」という感じが好きだったクチなので。
あとこうやってブログ書くのも割と好き。
田中個人の話終わり。

 

…は?じゃあWITH-Üは何をしてるの?
どういうことをしたいと思ったら入ればいいの?
という感じなので、ちょっと整理しておきますね!

〇イベントは最近やってない。
→だからもし過去のイベントに惹かれている人がいらしたらギャップを感じてしまうかもしれません。

〇かえる会を頑張りたいと思っている。
→いろんな考えを聞きたい!あるテーマについて話してみたい!という人は覗いてみてね、という感じ。

〇外部プロジェクトのお手伝い
→1年間続ける予定の長期的なものがいくつか。小中学生と長く関わりたい、という人は向いてるかも。お手伝いの頻度は1プロジェクトについて2,3か月に1回くらいなので、関わりたい部分のみに関わるのもありだと思います!
例)糸高志学:高校の総合的な探求の時間のお手伝い
  宇宙の学校:小学生を対象にした工作教室のお手伝い
  yamap:小学生~中学生を対象にした、自然を学ぶ活動のお手伝い

…こんなもんですかね!
外部のお手伝いとかメンバーとちょっと真面目に話すとかいう所が、ほかのサークルとは違うのかな~という点。
ちょっとでも興味がある方は新歓覗いてみてね!
新歓用HPはこちら

それは終わり!
みんな体調には気を付けてね!
手洗いうがいしっかりしましょう!


コメントを残す

*