かえる会

レトリックを体験してみました!


レトリックを体験してみました!
たなか

 

こんにちは、たなかです。
このところ暑かったり寒かったりして困りますね。

さて、今回はかえる会の報告ブログです!
なんと5か月ぶりのかえる会。
「かえる会ってなぁ~~~に?」という方もいるかもね。
簡単に言うと、WITH-Üメンバーの一人が10分程プレゼンを行い、
提示されたテーマをもとにみんなでディスカッションするぜ、という会です。
詳しくはこちら

今回のプレゼンターはさえきさんでした。
タイトルは、「レトリックを学ぼう」。

ふむふむレトリック。
聞いたことあるけどよく知らないかも。

 

最初はレトリックの歴史について。
なんか二つの意味があるらしいです。
一つは、日本のレトリック。対句、比喩、反語とか。

そしてもう一つが今回のテーマに関係のあるもの。
むかしむかーーーし、古代ギリシアの人を起源とするレトリック、
言い換えれば弁論術/説得術。ソフィストがおこなっていたもの。
世界史や倫理の授業の記憶がもやもやと蘇ってきます。

具体例として出されたのは、
「自分のことが好きな人より、そうでない人と付き合う方が良い」
みたいな主張。

ざっくりした理由としては、
①恋は盲目。冷静な判断ができるのは、恋をしていない人に対してでしょ!
②自分のことを好きじゃない人の方が多いから、そっちから選んだ方がいい出会いあるでしょ!
③嫉妬しないからより良い人間関係築けるでしょ!
④恋してない方が欠点の指摘ができるでしょ!これが真の人間関係!
の、以上四点。

なんかなるほどって思っちゃうよね。
自分のこと好きじゃない人と付き合う方がよさそうだな…って思っちゃう。

そんな感じで、なんかなるほどって思っちゃうこと、レトリック。

 

そしてディスカッションは、
これを実際にやってみよう!!!
という感じで進んでいきました。

テーマは、
○学校に行かない方が優秀な人間になることができる。
○お金がない方が幸せになれる。
の2点。極端な例だ。腕が鳴るぜ!!

以下のような感じで進みました。↓↓↓

 

みんなでわいわいと話しましたが、
どの意見も割と「なるほど…」と思っちゃった。

…でも改めて見ると酷いな。
もはや我々は大学生としての矜持を捨て、目の前の主張をそれっぽく正当化する詐欺師になり果てました。
何か…何か大切なことを忘れてしまっている気がする……!!

 

 

というわけでまとめ!
以上のように、それっぽく見えるものなんていくらでも作れてしまうわけです。
理論的(に見える)論証を鵜呑みにしないこと。
また、自分とは反対の立場の人の考えに目を向けること。
その時、「そういう考えもある」以上の考察を行うこと。

ある事実があった時、それをどのように見るかは人によって違ってくる。
そしてその見方もそれぞれ、
ここまでは同じだよね、という部分があり、
ここから先は違うんだね、という部分がある。
それらを別々に考えていく必要があります。

色々な本に触れている彼女だからこそできるまとめ方だなぁと思いました。

 

本を読むときって、何となく納得しながら読んでしまいます。
でも反対意見を読んでもなるほどと思ってしまい、
どうせえっちゅーねん!とやけくそになってしまうこともあります。
そんな中でレポートなどを書く時には、自分の意見を補強するようにごり押ししてしまうこともあるかもしれません。

でも、本の中の考え方、そして自分の考え方は、
どこまでが事実としてあるのか、
どこからが解釈なのか、
どのような前提のもとに語られているのか、
しっかりと紐解いていくことが大切なんだと思いました。
考えることたくさんあって大変だね。

 

これを踏まえて、
「自分のことが好きな人より、そうでない人と付き合う方が良い」
ということについての反論を紹介。

「恋をすると盲目になる、冷静な判断がくだせなくなる、という点はそうかもしれない。でも、冷静でいられないことが悪いこととは言えない。」
みたいな感じだったと思う。
「恋をすると冷静になれない」の部分は一緒。
でも、「冷静な判断が出来ないのは悪いことだ!」という前提を見抜いて、反論したわけです。

最後に参考文献を出しておきます。
引用元をはっきりさせるの、とっても大事ですのでね!!!

気になったら、お手に取ってみてください。

 

はい。久しぶりのかえる会でした。
オンラインでも割と問題なくできることが分かったので、6月くらいからはWITH-Üメンバーでない人とも一緒に話せるといいなとただいま準備中です。
ちょっとでも気になった方はぜひお越しください!!!
多分Twitterで告知します!

終わります。それではまた次回!


コメントを残す

*