かえる会

お金と幸せについて考えてみた。


お金と幸せについて考えてみた。
          ~ファイナンシャルリテラシーの大切さ~

こんにちは。ひのくちです。
コロナの自粛が少しづつ解除されていますが、みなさんの生活はお変わりないですか?

さてさて、先週に続いて「かえる会」の報告ブログになります。(かえる会の旬の時期に到来か!?)

かえる会をご存じない方は、(http://with-u.educiao.com/unit/kaeru)からどんなものか確認してみてくださいね。

先週のレトリックから、またまた角度を変えて今回のテーマは…
「ファイナンシャルリテラシーをあげよう!」でした!

今回のプレゼンターは、金本くん。ファイナンシャルリテラシーの大切さについて考えさせてくれました。

まず、ファイナンシャルリテラシーって何なのか?という説明から会が始まりました。確かに、日常では使わないですよね。簡単に言うと、お金に関して読み書きする能力のことらしく、お金を管理する知識や上手に運用できる力のこと。
極めて、シンプル。

このファイナンシャルリテラシーを深く考えていくために、

①お金ってどんなイメージ?
②幸せになるためにお金は必要?(切実だった…。)
③お金持ちってどんな人?
④あなたに100万円をあげましょう。何に使いますか?(迷った…。)
⑤100万円をもらったことでお金持ちになれましたか?

という問いに参加者の一人ひとり考えて、答えていきました。

①の問いに関して、参加者たちは
銀行、難しいもの、生きるためには必要、トラブルのもと、などなど
なんかマイナスなようで、でも手放せないというような意見が多く挙がりました。

②では、幸せとお金の関係について、
あればあるだけ安心!、無料で楽しめるものもある(確かに)、個人的に高価なものにはあまり興味がない…といったように、人それぞれカネに対する幸福論は違っていた様子…。

カネの闇が出始めたのが、③のお金持ちのイメージ…、
税金が嫌いそう、すべてをカネで買えると思っている(漫画の影響か!?)、もってない人よりはお金の可能性を知っているなどなど。お金を持っている人に対してちょっとネガティブ的に見がちであることが分かりました。嫉妬からくるのかな?

そして、頭悩ます ④の100万円あげちゃう!問題、
結構使い道って迷うんですよね。沈黙の時間が流れましたが、欲しかったCDを徐々に買っていく♪、おいしいものくらいは食べるかな…といった何かを購入するという意見や、投資する、欲しいものがなかったら使わないなどの堅実な使い方も考えに上がりました。
ちなみに、みなさんなら何に使います? 旅行?貯金?ギャンブル?考えたらきりがないけど、結構迷うと思いますよー(笑)。

最後に、④の続きで⑤の100万円をもらってお金持ちになれたか?という問いに対して、みんな「う~ん」といった様子。やりたいことを実現するためにお金は必要だけど、精神的な幸せは満たされたかなとやや懐疑的になっていましたね。

お金を持っていることって本当に幸せなんでしょうか?ということで、プレゼンターの金本センセイ。誰もが知っている興味深いニュースをもとに、お金の必要性についてさらに考えさせてくれました。

「老後2000万円問題」問題、問題、もんだい、んだい、だい(あ、エコーです。)
去年は、かなり話題になりましたよね。簡単に説明すると、定年退職後に90歳までに必要な貯蓄や資産総額は2000万円必要だとする政府の見解のことです。2000万ルピアやリンギット、バーツじゃないですよ。円です。

そこで、今度は参加者で2014年の高齢者世帯の持っている資産総額のグラフと平均的な高齢者世帯夫婦2人暮らしで生活した場合の月平均支出の内訳をみていきました。

なんと、これが興味深かった。日本の高齢世帯の半分以上は2000万円持ってないんですね。特に、450万円未満の世帯が年々増加しているという見方も。ワーキングプアや相対的貧困などの日本の経済的な社会問題が反映されている形に。これには、参加者もこの先が不安になったみたいでした。自分もこれだけの貯蓄を持っていられるか、全く分からずお先が真っ暗となりました…。

月の平均支出の内訳に今度は注目してみた参加者たち。やっぱり、教育系サークルだからですかね、教育費650円に引っかかっていました(きっかけは、私だが…)。何に使っているお金なのか?教養娯楽との違いは何か?などなど。
また、住宅費がかかることについても結構意外だった様子。ローンを払い終わっているか、そうでないかで月の負担が変わってくるという発見も。地方と都会の暮らし方についても注目して考えることができました。

ただ、節約する余地もあるかもしれないといったような意見もあることから、
労働現役時代の稼ぎや、子どもの有無、老後の生活の仕方など様々な人生的な
出来事もお金に関連付けて考えると、かなり計画的に資産の使い方を考えなければ!と大学生ながら思わせられました。考えたくないけど、考えないといけないお金のこと。だから、ファイナンシャルリテラシーが必要なんですね。

そして、最後にもう一度「幸せになるためにお金は必要?」という質問。今度は、もっと切実に胸に突き刺さります。金本センセイは、驚きのデータと共にこの問いを投げかけてくれました。それは、結婚式。幸せの象徴ともいえるこのライフイベントにかかるお金はなんと…

「340万円」
これには、参加者一同「えっ?」の様子。オンラインだけど雰囲気で伝わってきた。かなり強烈に。ハピネスをセレブレイトするマリッジセレモニーに、スリーミリオン&フォーティーハンドレッドサウザンド いえんですもの。もっと格安に幸せをかみしめられないのぉー?といった感じ。また、子どもができたら養育費もかかるし、夢のマイホームも建てたいし…。やっぱり、お金は幸せのためには必要なんですかね?老後に2000万円も貯められるかしら?

最後に参加者の意見はというと、
「稼ぐかというより、節約が大事」や「必要な時に備えて」、「実際に働いたら見方が変わるかも」といったファイナンシャルリテラシーが求められることを痛感した結果となりました。

お金と幸せ、そのためにファイナンシャルリテラシーの大切さがわかったよ!
ありがとう、金本くん。

今回のかえる会の参考文献は、以下の通り。

 


さて、来週からはいよいよ外部に告知した、新歓を兼ねた「かえる会」がスタート!!!1年生来てくれるかな?といった不安を抱えながらも、私たちは全力でかえる会を楽しみながら、学び、考えて、自分の価値観に問いかけながら、新しい気づきを体感していきます!

来ようかなと迷っている、そこのあなた。そう、これを読んでいるあなたですよ(笑)?来て後悔をしない、学びの空間を来週から一緒に体験しませんか?
来週、待ってます! Twitterの告知なども見てみてください!

それでは、今日はここまで。来週は、どんな学びに出会えるかな…?

 


コメントを残す

*