ブログ

ことばのちがい


こんにちは。
突然ですが、「なんか似てるな~~!!」って
なんとなく自分では思っていて言い間違えてしまう…
そんな言葉ってありませんか?例を出してお話ししましょう。

「ブリオッシュ」という単語は
「アマレッティ」「ブラウニー」のどちらに近いと感じますか?
(ちなみにどれもお菓子の名前らしいです。
参考[http://naming.nobody.jp/other/kashi-katakana.html])

私は「ブラウニー」の方が近いと感じるのですが、
そうではない方もいるのではないでしょうか?

「ブリオッシュ」も「アマレッティ」も「ッ」「ュ」「ィ」など
拗音と促音の位置が一致していて、字面的には似ています。
また文字数も同じです。

対して「ブリオッシュ」と「ブラウニー」は拗音・促音・長音は
まったく一致しませんが、頭の「ブ」が一致しています。


私は英単語を覚える際もそうなのですが、
濁音の位置が同じ単語をよく間違えて覚えており、
濁音の有無で単語をなんとなく同じグループに
分類しているのではないか?と思ったのです。

いやいや「アマレッティ」の方が近いやろ
と思った方は、~sh、~tion などで部分一致する単語が
ごちゃごちゃになっていませんか?
もしくは文字数が同じ単語がごちゃごちゃになっていませんか?

いやいやどっちにも似てないわ、と思った方は
もしかしたら子音の一致、母音の一致、語末の一致などで単語を
判断しているのかもしれません。


なんとなーくずっと思っていたことなので、
なかなか網羅的には書けませんでしたが、
自分が単語を脳内でどのように分類しているのか?
とか考えてみると面白いなーと思います。

日常会話でも
「○○が…いや言い間違えた、△×がさ~」
「いやいやなんで言い間違えたの!?全然似てないでしょ~」
「えっ!?○○と△×ってなんか似てない?」

…なんて会話をしたことがあるのではないでしょうか?
人それぞれ単語の分類の仕方が違うのかもしれません。


コメントを残す

*