化学反応

【化学反応】2018/07/08プレ化学反応


2018/07/08@天神仕事基地

毎度のことながら、報告ブログが遅れてしまいました(~_~;)
かえる会の時間を使って行った、お試し化学反応についてです。

1時間でアイスブレイクとプロジェクトコンテストを行うという、
ちょっぴりハードなスケジュール…。
しかし、得るものはたくさんありましたよ!

 

<アイスブレイク>
当日行おうと思っているアイスブレイクがきちんと盛り上がるか、様子を見てみました。
田中も参加をしたのですが、みんなで笑いながら、楽しい雰囲気でできました!
さてさてどんなものなのでしょうか…?
当日をお楽しみに!

<プロジェクトコンテスト>
アイスブレイクが終わったところで残りは30分。
ゼロからのスタートで、どのくらい進めることができるのか…?
ばたばたと模造紙を広げ、アイデアコンテストが始まります。

「大学生の力を学校教育の中で活かすには?」

まずは、ファシリテーターを決め、彼の指示のもとに話を進めていきます。
対象も決まっていない状態なので、多数決で中学校を対象に考えよう、ということに決定。

そして、ポストイットでそれぞれが思う中学校での課題をあげていきました。
進路のこと、部活のこと、人間関係のこと、先生方のこと…
ざっくりあげるとこんな感じでしょうか。

続いて、じゃあこの中で大学生が介入できるとしたらどこだろう??ということの話し合い。
地域教育?進路のアドバイス?何をあげるにしても、問題点はつきまといます。
誰も発言しない、無言の時間もありながら、この辺でアイデアコンテストは終了。

 

参加してくださる方々には自由に考えてほしい、ということで、
皆さんに提示するのは「大学生の力を学校教育で活かすには?」という
ざーっくりしたテーマだけでいいだろう、と思っていたのですが…
いざ、話を進めようとすると、なんともやりづらい…。
せめて、「学校教育」というものが小中高、何処なのだろうか、
ということは決めておいた方がいいだろう、ということで固まりました。

というわけで、参加して下さる際は勝手ながら、
こちらでグループ分けをさせていただくと思いますが、悪しからず。

このほかに、
テーマ自体にも選択肢があった方が自由にやるより考えやすいのではないか、
時間はこちらで区切った方がいいのか、など、
中途半端な形になってしまったからこそ、
そして、化学反応のメンバー以外からも意見をもらえたからこそ
気づけたこともたくさんありました。
やってよかった。
協力してくれたメンバーの皆さん、ありがとうございました!

 

より良いイベントにするためには、まだまだ考え続けなくてはなりません。
そのことを改めて確認できた、とてもいい時間になりました。

以上、もうお馴染みですかね?化学反応メンバーの田中でした。


コメントを残す

*