ゆうさぎの冒険

第二話 「ゆうさぎと学校」


第二話 「ゆうさぎと学校」

 

ほんとについてきた。
ついてきた…というと、人聞きが悪いかもしれない。

正確には、連れてきた。あくまで、仕方なく。

ゆうさぎのいたプリントを持っていかざるを得なかったのだ。
ゆうさぎは、カバンの中からも話しかけてくる。
どうやら、ゆうさぎの声は、周りの人には聞こえないらしい。

「ねーね、どうして学校に行くの?🐰」

「ねーね、なんでみんなおんなじ服を着ているの?🐰」

「ねーね、おなかすいたぁ🐰」

と、自由奔放。
うるさいうさぎ(ゆうさぎだって!💢by.ゆうさぎ)を無視してスタスタ歩いていると、
ランドセルを背負った子どもたちが
鬼ごっこをしながら歩いている。

朝から元気だなぁ…

しかし、この道は車が多くて危険だ。
それでもやっぱり、子どもにとっては通学路も立派な遊び場なのだろう。
このあたりは、小さな公園が時々あるだけだ。

「ねーね、そろそろチャイムなっちゃうよ🐰」

…ほんとだ!

時計を見ると、もうすぐ朝課外が始まる時間だ。
小学生が道にいた時点で気付くべきだった…。

辺りはもう明るくなった。
歩道には落ち葉が敷き詰められている。

赤、黄色、みどり。

まだ緑色を残したまま落ちてしまった葉っぱは、
真っ赤に染まってもなお、木にぶら下がっている葉っぱを
どのように思うのだろうか。

そんなことを考えていると、校門が見えてきた。
今日も一日が始まる。

 

**

〈次回予告〉

第三話 「ゆうさぎ関数」

今日も、今日とて、朝課外から始まる一日。
科目は、「数学」。
ゆうさぎは次回も元気いっぱい🐰天真爛漫🐰

第三話はこちら!!*11/19(月)公開

**


ぷれぜんと2018事前調査

「なんでこんなに勉強しているかわからない」と悩む高校生に、
あなたはなんと答えますか?
あなたはなぜ勉強をしましたか?

学生団体WITH-Ü(うぃずゆう)が、2018年12月16日(土)に実施するイベント、
「ぷれぜんと」及びその広報活動に使用させていただきます。
なにか、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
(昨年の「ぷれぜんと」の様子はトップから)

アンケートに答える

コメントを残す

*