ゆうさぎの冒険2

ゆうさぎの冒険2 第二話「無人島」


 

第二話「無人島」

 

第一話はコチラ

 

 

うん?ここはどこだ?僕は誰だ?何をしてるんだっけ?

 

そうそう、僕はいお。スペインに行こうと乗った飛行機が墜落したんだった。

どうやら僕はどこかに漂流したようだ。ここは小さな島。後ろは海。どうやらどこかの無人島らしい。

 

いお「とりあえず今のタスクは飲み水と食糧の確保、そして他の漂流者の捜索。場所の推定はエッセンシャルだけどタイトなリミットの中ではASAPじゃないな」

 

ということで僕は無人島の探検をすることにした。

雲一つない快晴。海が反射する日光が眩しい。なんてエモいこと言っている場合じゃない。

 

見知らぬ少女「うわぁぁぁぁぁぁぁん。うわぁぁぁぁぁぁぁん」

 

おや?あそこに女の子がいるぞ。泣いているな。飛行機が墜落したんだ、無理はないな。声をかけてあげよう。

 

いお「ねえキミ、大丈夫?」

見知らぬ少女「うわぁぁぁぁぁぁぁん。うわぁぁぁぁぁぁぁん。」

いお「僕のほうを見て。もう泣かなくていいよ(イケボ)」

見知らぬ少女「うわぁぁぁぁぁぁぁん。スピカとシャッポに会いたいよぉぉ」

 

無人島で出会った二人、これからどうなる?次回に続く……。

 


コメントを残す

*