ぷれぜんと2018を開催しました✨

【福岡県教育委員会後援】


〜大学生による、思ったほど怖くはない受験の話〜

                                                                     

2018年もあとすこし。押し寄せるクリぼっちの予感、忍び来る受験シーズン。
高校2年生の皆さんは「3学期は受験生0学期だ💢」といわれることも多いのではないでしょうか。
「でも何すればいいかわからん」「部活忙しいしモチベ上がらんし」
そう思ったあなたに、ぴったりのイベント、
12月16日の午後は、そんな受験期を乗り越えてきた先輩たちと、九州大学で過ごしませんか?

 

今回は、イベントの広報活動に
福岡県内の多くの高等学校をはじめ
朝日新聞社さま、FM福岡さま、
そのほか多くの方々にご協力いただきました。
この場を借りて、お礼申し上げます。


ぷれぜんと2018、はじまりはじまり

12月16日(日)
空は曇り空
雨がぱらぱらと降ったり止んだり
いよいよ待ちに待った「ぷれぜんと」の日
期待と不安を胸に、いざ出陣
緊張してなかったのかな、みんな笑顔(*^^)vv

会場は、九州大学伊都キャンパス
理系図書館でした✨
中央図書館・理系図書館の職員の方には
2ヵ月以上前から何度も何度も
相談に乗っていただきました

高校生が、続々と集まってきました

会場準備もばっちり✨

机の上に並んでいるのは…配布資料。

アンケート(あなたはなぜ勉強をしましたか?)の結果も、
ここに掲載させていただいています。

本当にたくさんのご回答ありがとうございました。
「自分が勉強をした理由」と「高校生に聞かれたら答える勉強をする理由」が異なる人も多く、
なぜ勉強するのかも、どうやって乗り越えるかも、自分次第ということを強く感じました。
冊子では、それぞれのキーワードごとに多かった意見、
「おまけ」として少数派の意見なども取り上げています。
息抜きに眺めてみたり、自分の気持ちを見つめなおすのに少しでも役に立てばと思っています。


はじめに

「ぷれぜんと」は受験を切り口にアプローチをしているけれど
みんなの受験が成功させることが目的ではない…

代表による挨拶から
「ぷれぜんと」スタートです!

その後、副代表荒木による「WITH-Üとは?」
僅か3分ほどで終わらせたからか、誰も写真を撮ってくれていないようです(´;ω;`)
唯一みんなの前に立った瞬間だったのに!!(笑)
と、いうことで、WITH-Üとは→こちら

アイスブレイク

アイスブレイクは、「トークフォークダンス」。
1分間ずつ与えられたお題についてはなしをしながら、
フォークダンスのようにペアを変えていきます。
WITH-Üメンバーも参加!

受験思考法

〇マンダラートで自分について考えてみる〇

受験に向かうとき、どうしてやる気が生まれないのか…。
そもそも、自分がしたいこと、目指すもの、自分のことがわかっていないのではないでしょうか。
そこで、この「マンダラ―ト」(マンダラチャート)。
9×9のマスを9つの部屋に分け、自分について自問自答。深めていきます。

WITH-Üメンバーは「素敵なレディになる」ための方法を深めてみたようです。

〇戦略的に受験を考えてみる〇

大好きな英語を完璧にすることと、
大嫌いな国語を勉強すること。
優先順位としては、国語が上かもしれないけれど、
劣後順位では、、、。
「受験」というものを戦略的に倒してみるのも、考え方(思考法)のひとつ。

「劣後順位、初めて聞きました。覚えておきます。」(高校生の感想より)

受験勉強法

大学生はどうやって受験勉強を行ったか?受験勉強法!

WITH-Üメンバーの実体験やおすすめの勉強法をまじえたおはなし。
その後は、みんなの知識・体験を持ち寄って、
勉強法を考えてみました!

考えた勉強法を持ち帰って、実践してみて、
「自分に合った」勉強法を見つけてほしいです!✨

座談会

好きなメンバーと気になるはなしを。
大学生活について聞いてみたり、学部について聞いてみたり、勉強法について聞いてみたり、高校の思い出話をしたり…

さまざまなはなしで盛り上がりました。


紹介が最後になりましたが
今回の「ぷれぜんと」総合司会は彼女。

素敵な司会でした!!おつかれさま!

さて、『ぷれぜんと~大学生による、思ったほど怖くない受験の話~』の1日を順に追ってみましたが、
いかがだったでしょうか。
ぷれぜんとに関するブログも更新されております!
お時間のある方はぜひ!
ブログはこちら

以上、副代表荒木でした✨😃

最後は、全員でWITH-Üポーズ🐰