東峰村裏プロジェクト

#4 GWの東峰村を訪れるその②~民陶むら祭~


#4 GWの東峰村を訪れるその②
~民陶むら祭~

前回までのおはなし→#3はこちら

~プロローグ~
無事に針の耳を通り抜けることができた3人。
岩屋神社に別れを告げ、
向かう先は、小石原地区。
道中、思い出話を語りながら、依然として残る豪雨の爪痕を見つめながら、
「親水公園のほたる祭り、蛍がたくさんできれいでね…」
「筑前岩屋駅、おいしい水をここで汲んで帰っててね…」
まだまだ知らない、宝珠山の歴史。
まだまだ知らない、宝珠山の今。
これから、深く学んでいきたいと考えています。

…と、どうやら、小石原に着いたようです。
さて、今回の裏プロジェクトは、
民陶むら祭中の小石原でのおはなしです。


山と山に挟まれた、小石原へと続く坂道。
普段の道路とは違い、車の渋滞ができているのも、民陶祭の特徴。
小石原鼓にある、『つづみの里』で民陶祭の地図をもらい、更に上へと登ります。

今回訪問したのは、
1.道の駅 小石原
2.たくさんの窯元さん
3.行者杉

道の駅小石原では、たくさんの窯元の作品を一度に楽しむことができます✨

そして、ここからが通のポイント。
お気に入りの窯元さんをまわっていくのです!
多数の窯元が立ち並ぶ皿山地区はもちろん、お気に入りの窯元をぐるぐる巡ります。

       

     

(写真は順に、森喜窯さん、マルワ窯さん、ヤママル窯さん、皿山地区の唐臼、まるた窯さん、カネハ窯さん。その他多くの窯元をめぐりました!)

たくさんの窯元で、素敵な焼き物をたくさん手に入れることができました✨

      

行く先々で、おいしい料理などでおもてなししてくださったり、
可愛いラッピングをしてくださったり。
ただ「購入する」だけではない、あたたかさやぬくもりを感じました。

      

 

皿山地区も、いろいろな工夫がされており…
普段とはまた違った楽しみが📷✨

         

そしてそして、今回も訪問しちゃいました、行者杉!!
行者杉の詳しい説明は、東峰村裏プロジェクト#1でお届けしていますので、ぜひそちらを!→#1はこちら

民陶祭中の喧騒から少し離れ、小石原の大自然を体感することができました。
今回初めて訪問したメンバーもいたので、満足^^

さて、#4はここまで。
次回の民陶むら祭りは秋に開催されます!
紅葉と鹿と焼き物…楽しみです。


~次回の予告~
まだまだ引っ張ります!民陶祭のおはなし!!
窯元巡り中に訪れた、ある窯元で、なんと、作陶風景を見せていただくことに!!
ろくろ…飛びかんな…
変幻自在に形を変える土に、メンバーも興味津々。
たくさんの写真とともにお届けします、お楽しみに!!

次回の担当は、お気に入りの窯元さんを訪問してご満悦な木佐貫伊央!


平成29年九州北部豪雨に関する調査

現在、「平成29年九州北部豪雨に関する調査」を実施しております。
ご協力をお願いします。

東峰村プロジェクト


平成29年九州北部豪雨に関する調査

コメントを残す

*